とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 麺飯食堂なかじま (中国料理/ラーメン・渋谷)

   

 

 

 
久々の、衝撃的にうまいラーメンでした。

浅利ラーメン(800円)


 

 

 

トンコツをベースにした白濁の薄味スープに、アサリの
旨味がぎゅっと詰まっていています。これを唐辛子の
辛味がカチッとしたエッジを立てて、レモンの酸味が
ぐっとシャープに引き締めている感じ。

入っていたアサリは9個と、まさにたっぷり。
しかしアサリのうま味だけではなく、時とともに辛味や
酸味が加わって刻々と表情を変えていくその深みの
あるスープは、なかなかないさわやかな味を舌に残し
ながら私たちを魅了してくれます。


麺は札幌の西山製麺を思い起こさせる、半透明の
縮れ麺ですが、鹹水の臭みはなく素直な麺。一方で
小麦のうまみはさほど感じられないため、かえって
スープのうまさが際立ってくる感じです。

残念なのはこの浅利ラーメン、時々登場する期間
限定メニューとのこと。ぜひ定番化を願いたいところ
です。

この店があるのは、渋谷駅東口から南に行った
明治通り沿い。

「麺飯食堂」の冠どおり、麺類のほかに定食類も充実
していて、ラーメン屋というよりは中華居酒屋といった
感じです。

単品では「肉野菜炒め」「レバニラ」「ナス味噌炒め」
「酢豚」「木須肉(キクラゲと肉の炒め)」といったいわゆる
中華料理の定番があり、また「ホイコーロー丼」や
「カニレタス炒飯」などのご飯ものもあります。

また、さらに上記を様々に組み合わせたセットもあり
ランチだけでもけっこう果てしなく感じられます。


こうしたなか、酢豚とラーメンとご飯を組み合わせた
「限定セット」(1,000円)を頼みましたがまず驚いたのは
その量。


酢豚は立派な1人前、ラーメンは3分の2くらい、そして
ごはんはしっかり丼一杯くるのですから、全部食べる
ことすら往生します。

酢豚は黒酢をベースにかなり甘めの餡でからめた
もので、具はネギなどあるにはあるものの、ほとんど
豚バラの塊と長芋のみ。これに茹でたチンゲンサイが
口直しのように添えられますが、全体に濃厚な甘辛さ
が後々まで口に残る感じ。
そこそこおいしいとは言えるのですが、たくさん食べる
のは率直に言って少々厳しい感じの味です。


またラーメンは「塩」と「熟成塩」から「熟成塩」を選び
ましたが、限定の「浅利ラーメン」と同様、薄味の豚骨
スープをベースに塩を加えてエッジを立てた感じの
ものとなっていて、なかなかおいしく仕上げられて
います。単品でもかなりのものです。

これに丼一杯のごはんが付くのですから、満腹になら
ない人はいないはず。食欲旺盛な若者にはとくに
堪えられないことでしょう。

印象としては、量に対する支持がこの店を支えている
ようにも思いますが、どうしてどうしてスープの味は
一線級のもの。もう少し麺に小麦の味が加われば
渋谷でも指折りのラーメン店に加われることでしょう。

かなりお腹を空かせて、ぜひ一度どうぞ。

 

 


この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報はリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

 

 

 

 

なかじまラーメン / 渋谷駅神泉駅代官山駅
夜総合点★★★★ 4.5
昼総合点★★★★ 4.5

 - とっておき!!, ラーメン, 中国料理, 渋谷