とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 みつぼ (やきとん・高田馬場)

   

 

わずか3坪の小さな店で始めたから「みつぼ」。

いまもメニューの冒頭にそう書いてあります。
神田川のほとりで始めた小さな店を忘れまいという
気持ちの表れでしょうか。

 

 

現在は高田馬場駅の南の小さな改札口「戸山口」
そばの線路沿いにあるこの店。


今でも決して大きな店だとは言えませんが、店内には
所狭しと小さなテーブルとパイプ椅子が並べられ、
背中同士が触れあわんばかりに客がひしめき合って
います。

メニューはやきとん。

まだ養鶏が工業化される前の昭和30年代、鶏肉が
いまよりも高価だった時代にはこうした豚の内臓が
「やきとり」の名で普通に食べられていました。

実際に埼玉の東松山ではいまも「やきとり」といえば
豚肉が出てきますし、全国各地にその名残を見る
ことができます。

この店はまさにその時代のまま安く手軽にやきとんを
味わえる店。

店頭に貼ってある「つぶしたて」の文字は生々しくて
多少残酷な気もしますが、レバー、コブクロ、チレなど
様々な部位を新鮮なまま提供。最近なかなか見なく
なった刺身なども堂々と食べることができます。

焼いたものを食べても、とにかく新鮮なのが一口目で
わかるほど臭みがありません。

レバ・コブクロ・フワ・ハツ・キク・ガツ・テッポウ・シロ・
バラ・ナンコツ・トロカシラ・ビートロ・カシラ・チレ・
ハツモト・タンと実に16種類も串があり、どれがどこの
部位だかあれこれ想像しながら食べるのも楽しみ。

串のほか、レバーカツなどの料理も。

このレバーカツを頼んでみましたが、かなり小ぶりな
ものの、非常に味がよく臭みもなく、本場とされる
月島のものよりもはるかにおいしく感じられました。

また肉以外にも冷やっこがおいしかったり、春には
筍の姫皮と呼ばれる先端の柔らかい部分の刺身が
出たりと、居酒屋としても心配りのきいた部分も。



少人数の気の置けない仲間とわいわいやるのが
この店にとって一番ふさわしいでしょう。

普段使いの飲み屋として、記憶に入れておくことを
お勧めします。

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報はリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/ 

 

やきとん みつぼ 高田馬場駅前店居酒屋 / 高田馬場駅西早稲田駅下落合駅
夜総合点★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 高田馬場