とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 雲林坊 (担々麺・九段下)

   

血の池地獄の上に、さらに降りかかる「赤い殺意」。

「赤い殺意」とは、現在のB級グルメの仕掛け人である
日経の野瀬泰申さんが唐辛子を指して作った言葉。
辛さが苦手な野瀬さんらしいユニークな発想です。

それにしても日本の担々麺とは不思議な食べ物です。
戦後すぐ、陳健民氏が本場の材料がなかなか手に
入らななかで日本人に受け入れやすいようにアレンジ
して作ったのがいまの担々麺。

本来、汁がないものを蕎麦にならって汁ありにし、
辛さに抵抗がある人々に受け入れられやすいように
胡麻のペーストである芝麻醤(チーマージャン)を加えて
創りあげました。

以来、数十年が経った今でもほとんどの担々麺は
その枠を外れていません。まさにガラパゴス中華とも
言え、逆に世界に誇る日本の食とも言えるでしょう。

この店の「汁あり担々麺」は正常進化。花椒(山椒)
大量に加わった辛さは半端じゃないものの、甘みも
ありスープのうま味もあり。麺そのものも手抜きなく
小麦の甘みがしっかり感じられる良い麺です。

しかしそうした”ガラパゴス中華”とともに、この店で
食べるべきは「汁なし」のほう。本場・四川の担々麺と
同じ、汁の少ない担々麺です。

ただ本場同様の、と言いながらも最初見たときは
驚きます。
なにしろ茶色いくずが山盛り。何も言われずに見せ
られたらおがくずか何かのフンに見えてしまいます。

これらは松の実などのナッツ類とひき肉。この下に
「汁あり」とは違う太麺が隠れ、さらにその下には
「赤い殺意」に満ちたタレが眠っています。

よくかき混ぜて食べると、汁ありとはまた違う花椒と
唐辛子のコンビネーションアタックが襲ってきます。
しかしたっぷりのひき肉の味噌の甘みがこれを受け
とめ、さらに太麺の歯ごたえとそこから出てくる甘み
と混然一体となったうまさが口内で広がります。

これまで広島の「きさく」で出会って以来、この店の
汁なし担々麺を基準に様々な汁なし担々麺を探って
きましたが、ここまで大きく凌駕するものに出会った
のは初めてです。ただ、本場・四川のものにどちらが
より近いか、といえば「きさく」でしょうが、汁なしもまた
この店をメルクマールに日本独自の進化を遂げて
いくのでしょう。

場所は九段下の駅の北東側。
オフィスビルやマンションがひしめく裏路地の角に
ひっそりとあります。店構えは現代的かつスマートで
“何かありそうだな”と感じさせるものがありますが、
前もって知識がなければ入らないかもしれません。

変則的なコの字カウンターに10人ちょっとが座れば
満席。券売機を買った客は3人までは店内で立って
待ち、それ以上は店外で待つことになります。

なお、この店には麻婆豆腐があり、これの小丼が
担々麺にセットで付くことがありますが、私が頼んだ
セットの麻婆豆腐丼は正直辛いだけでうま味を感じる
ことはありませんでした。まあたまたまのことなのかも
しれませんが。

とにかく、とくに「汁なし担々麺」は目から鱗が落ちる
ほどの出色の出来。また「汁あり担々麺」は日本
独自のメニューが正常進化を遂げたものとして
食べる価値があります。

わざわざ九段下まで行ってまで食べる価値がある、と
言えますし、近くに行ったときは必ず行け、と言いたく
なるほどの担々麺。熱くお勧めです。

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報はリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

雲林坊担々麺 / 九段下駅神保町駅水道橋駅
夜総合点★★★★ 4.5
昼総合点★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 中国料理, 渋谷以外, 麺その他