とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 因幡うどん (福岡薬院・うどん)

   

福岡を代表するうどんなのに、なぜ「因幡うどん」
なのか。

その謎がようやく解けました。

福岡のうどんは、おだしが薄くて麺は太くて腰無し
ふやふや。

日経の野瀬さん(久留米出身)と飲むと必ず福岡の
うどんへの愛を熱く語るほどで、実は福岡出身者に
とってはラーメンよりも古く、馴染み深い日常食です。



今回、福岡に帰省して両親と一緒のお昼ごはんに
選んだのが、福岡市中心部から南にひと駅の薬院に
ある「因幡うどん」。

昼はセルフ式でしたが、麺はふやふやでずるずるで
ぶちぶち。おだしは薄くてうま味たっぷり、丸天も
ごぼ天も「肉=牛」の肉うどんもすべてが福岡の
うどんの王道でした。

だしは羅臼産の昆布や五島・島原産の煮干しいりこ
などを使っているそうで、やさしくふくよかな味わい。
くどさがありません。これぞ福岡のうどんのだし、と
言うべきおいしさです。

麺は真っ白で太く、ふやふや。弾力はほとんどなく、
歯に触った瞬間にぷちんっと切れる感じ。讃岐とは
まったく正反対の性質ですが、これはこれ。どちらか
というと福岡のうどんは昼食とおやつの中間のような
感じ。
しかも昼はいなりずしなどを付けることが多いため、
麺そのものにボリュームを求めず、だしのうま味が
重視されたのでしょう。
やはり私などにとってはこちらのほうが好ましく感じ
ます。

さて問題は店名の「因幡うどん」。

なぜ福岡なのに遠い鳥取の旧国名が?とずっと昔
から不思議に思っていました。

すると父が昔のことを覚えていました。
昔、福岡の中心・天神の片隅に小さな店が集まった
商店街があったとのこと。元は闇市から始まったと
いうこの商店街、「ハトヤ」という高級衣料品店が
あったり洋菓子の「風月」の本店とカフェがあった
そうです。

この商店街の名前が「因幡商店街」。

いまは天神コアという商業ビルになっているこの場所
から移転しても「因幡」の名を残し、福岡を代表する
うどんの店として今に続いているのだそうです。

さすが福岡の百貨店で食品ひと筋に頑張ってきた父。
その記憶と知識はたいしたものだと感心しました。

福岡を代表する、だしのおいしさで食べさせる名物
うどん。

博多ラーメンはもう福岡に来なくても食べられます。
福岡に立ち寄った際は、ぜひこちらのうどんを
食べてみてください。

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報はリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/ 

 

因幡うどん 渡辺通店うどん / 薬院駅渡辺通駅天神南駅
夜総合点★★★★ 4.5
昼総合点★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 旅先編, 福岡