とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【ねごと。】 才能は枯渇する。

   

” 引退するから賞をくれ “

そう言われても、この内容ではいくらなんでも
賞はあげられなかった、ということでしょう。

宮崎駿監督の「風立ちぬ」。

その隠しテーマは、まさに ” 才能は枯渇する ” でした。

劇中、「創造的才能は10年間」といった言葉が繰り返し出てきます。

それは表面的には、主人公の堀越次郎が特異な才能を
発揮した10年間が戦争の時代であり、彼が創り上げた飛行機が
あの、翼が印象的な「九試単座戦闘機」やゼロ戦(零式艦上戦闘機)
という兵器であったということを、不幸なこととして描いています。

つまり、ただ ” 美しい飛行機 ” を目指した天才が、戦争の時代に
生まれてしまったがゆえに殺人の道具を作らざるを得なかった。
しかしそれでも彼は懸命に生き、” 美しい飛行機 ” を歴史に残したと。

だから、キャッチフレーズが「生きねば。」

しかし一方で、「創造的才能は10年間」という言葉は、まさに
宮崎駿自身に向けられた刃だったのではないでしょうか。

今回、舞台をファンタジーから現実に置き換えたにも関わらず、
内容はあまりにも幼稚でした。

彼の映画は昔からそうですが、美しい風景とちょっと幻想的な
シーンを積み重ねればそれで物語になると思っています。

ストーリーテリングが稚拙で、すべてのシークエンスが尻切れトンボ。
途中は退屈なほどカットを重ねるにも関わらず、肝心の内容が
物足りないまま次の話になってしまうため、観る者は置いてきぼりを
喰らいます。かといってのちに伏線が張られているわけでもない。

それでもまあ、これまでの宮崎駿ならバケモノがたくさん出てくれば
なんとか繕うことはできたかもしれません。しかし今回出てくるのは
人間だけですからその手は使えず、ストーリーテリングの稚拙さ
だけが印象に残る形になってしまいました。

また、宮崎駿は激しい恋愛をしたことがないのではないかと
強く感じさせられました。

久しぶりの再会を果たして紙飛行機で遊び、最後にちゅーをすれば
それで恋愛が成就するなんて、いまどきの中学生ですら失笑です。
人間の心の機微が、全編どこにも見当たらないのです。
よく言えば、心はいまも少年のままなのでしょうか。

久石譲の音楽もまた、” 才能の枯渇 ” を如実に物語っていました。

先の「崖の上のポニョ」で、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」を
完全にパクッた音楽が出てきたときはひっくり返りましたが、
今回もドイツでのシーンで名曲のパクりでお茶を濁していますし、
印象的な音楽はひとつもありませんでした。

まさにひとつの時代、ひとりの才能が終わったな、という感じです。

実は、今回の宮崎駿の引退表明に先立って、スタジオジブリでは
興味深い動きがありました。

「研修生募集見送りのお知らせ」 (2013年7月9日)

詳しくはリンク先を見てもらえればわかりますが、今年9月と来年4月に
入社を予定していた研修生の募集を急遽、見送るというのです。

しかも「この件に関してのお問合わせはいっさいお答えできません」
との頑なさ。

さては宮崎駿の引退を見越して、経営の先行きが不安になって
きたかとゲスの勘繰りをしたくなってしまうタイミングでした。
(あくまでたまたまのことでしょうが)

クリエイティブな仕事をする者はみな、才能の枯渇に絶えず
怯え続けています。

それはいつ来るのかわかりません。もしかしたら明日来るのかも
しれない。いや、もう来ているのかもしれない。

その恐怖がある者をがむしゃらな創作活動に駆り立て、
またある者を創作とは離れた場所への逃亡に駆り立てるのです。

才能はいつか枯渇する。

その厳然たる事実を痛感し、引き際の大切さを考えさせられた
一日でした。

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

 - ねごと。