とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 元祖清水屋 (会津若松・蕎麦)

   


いきなりの「まんじゅうの天ぷら」にノックアウトです。


猪苗代湖のほとり、ただあてもなくたどり着いた
小さな集落にある数軒の店のなかで、いちばん多く
車が停まっていたことで選んだ蕎麦屋でしたが、その
天ぷらのユニークさにはただただ驚くばかりでした。

まずは「まんじゅうの天ぷら」。衣の下に薄く茶色い
地肌がのぞく姿は一瞬、椎茸のように見えましたが、
割ってみるとそこには温泉饅頭のような素朴な姿の
饅頭が。生地は餡も甘さ控えめ。食事としていける
のが意外でした。

もうひとつの驚いたのが「いかの天ぷら」。
そんなの全然珍しくないじゃん、と思ったらさにあらず、
なんと入っているのはスルメなのです。まあ実際には
スルメと言っても一夜干しですが、それでも干物を
天ぷらにするなんて初めてなので新鮮でした。
そしてニシン。これもまた軽く干してあるものですが
身が小さいものの柔らかく、まるでイワシの天ぷらの
ようでした。

しかし、なぜ饅頭やスルメやニシンの干物が
わざわざ天ぷらにされなければならないのでしょうか。

その理由は会津地方の冬の厳しさです。
雪深い内陸のこの地域にとって、ニシンやスルメなど
干物は欠かせないタンパク源。また、饅頭も日持ち
する貴重な保存食だったはずです。

しかし昔は保存性を高めようとすると水分を抜くしか
ありません。昔の干物は今とは比べ物にならないくらい
乾燥し、ガチガチでした。

そしてそのガチガチをどうやって柔らかくし、少しでも
おいしく食べるかの答えが「天ぷら」だったのでしょう。
その料理法がいまも残り、こうして私たちを驚かせ
楽しませてくれているのです。

一方で、本業の蕎麦。

地元・猪苗代湖周辺の蕎麦を100%使いながら、
「ざるそば」が一人前500円という安さ。しかし色白で
香り高く、腰も強くておいしい蕎麦は十分満足のいく
ものとなっています。
ただちょっと盛りが少ないのが玉に傷。一人前だと
足りず二人前だと余りそうなのが悩ましいところです。

そばつゆも、しょっぱさよりもちゃんとだしが効いた
上品なもの。東北でありながらむしろ東京より薄めに
感じるほどです。

ユニークな天ぷらについ目が行ってしまいますが、
どうしてどうして蕎麦だけでも十分に食べる価値の
ある、しっかりとした店でした。

もし猪苗代湖に行く機会があったらぜひ寄ってみて
ください。

なお、帰り際にこの店で買った「にんにく激辛味噌」は
絶妙の辛さとうまさで、たった500円ながら大当たりの
土産物でした。これもぜひどうぞ。

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報はリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

強清水元祖清水屋そば(蕎麦) / 磐梯町)
昼総合点★★★★ 4.5

 - そのほか, とっておき!!, 旅先編