とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【ねごと。】 難しすぎる社会の入試問題。

   


                                               (日能研のHPより)

日々満足に食べられない人がたくさんいる最貧国・
バングラデシュの穀物自給率は97%もあるのに、
豊かな日本の穀物自給率は26%しかない。

どうしてこういうことが起こるのか説明しろという
中学の入試問題です。

あまりにも難しすぎて、私にもわかりません。

問題はこうです。

 
 日本の穀物自給率は26%(2009年)です。
 穀物自給率は次の方法で算出できます。

 

 この穀物自給率を他国と比較すると、例えば
 バングラデシュの穀物自給率は97%(2009年)
 であり、とても高い数字となっています。

 しかし、バングラデシュはアジアの中でも最も
 貧しい国のひとつであり、十分に食べられない
 人がたくさんいる国です。

 なぜ、このような状況なのに日本よりも
 穀物自給率が高くなっているのでしょうか。

 穀物自給率の算出方法から考えられる理由を
 次の絵を参考に答えなさい。

  
                              2013年 富士見中学校入試問題より

日本について言えば、説明は難しくありません。

日本の穀物自給率が低い原因のひとつは肉食化が
進んでいること。つまり牛や豚や鶏を育てるために
穀物を大量消費しています。

また肉食化とほぼ同義ですが、食卓の西洋化すなわち
パン食化が進んでおり、その原料の小麦を海外に
依存していることも大きな原因。つまり、農業における
需要と生産のミスマッチを挙げることもできるでしょう。

さらに経済学的に見るならば、日本は工業製品を輸出して
外貨を稼ぎ、その外貨で食糧を輸入して国民を養って
いるから穀物自給率は低くなる、ということもできます。

ところが、バングラデシュの穀物自給率97%を説明する
のは難題なのです。

なにしろ日本の4割足らずの国土面積に 1億7,000万人が
暮らすという、明らかな人口過剰な国。

その国がほぼ100%穀物自給できている一方で、なぜ
最貧国なのかを説明できなければ、日本との比較が
できなくなってしまいます。

うーん、困った。

ここでズルをして日能研の「解答と解説」をチラッと。

  [解答例]

 バングラデシュでは穀物の国内消費量が少ないため、
 国内生産量を国内消費量で割っても小さな数に
 ならないから。

おいおい。

これは算数の答えではあっても、社会の答えではありません。

こんな答えを「解答例」として堂々と載せるところが日能研。
いかにも受験屋のテクニック的な発想です。

さて、調べてみるとバングラデシュのコメはほとんど輸出されて
いないとのこと。とするとタイのように、コメが輸出に回されて
しまうために貧しい農民に回らない、という説明ができません。

一方、絶対的に「足りない」のであればバングラデシュ国外
からの輸入が行われるはず。1993年の大凶作によって日本が
260万トンものコメの緊急輸入をした際、まずい飯を食った
記憶がある人も多いことでしょう。

つまり「足りない」のであれば当然輸入が行われ、穀物自給率は
下がるのです。

しかしバングラデシュでは97%の自給率。
しばらく考え込んでしまいました。

やっとわかりました。

結論から言うと、前提が違ったのです。

問題は市場の閉鎖性です。

バングラデシュの穀物市場が閉鎖的で、輸出も輸入も行われない
のだとしたら穀物自給率は限りなく100%に近づいていきます。

なぜならば「それだけしかない」のですから。
国内にある穀物はすべて消費されてしまうのです。

餓死者は大量に出ていないけど、決して満足できるだけの
水準にはない、ということをこの97%という数字から
読み取るべきなのでしょう。
(3%はおそらく食糧援助か高所得者層の嗜好品としての穀物でしょう)

つまり、

 
 日本は肉食化が進んでいて、牛や豚など家畜を育てる
 飼料としての穀物が大量に輸入されているために
 穀物の自給率は低くなる。
 一方でバングラデシュは人口が過剰であり、なおかつ
 穀物市場が閉鎖的であるために生産された穀物は
 そのまま食糧として国内で消費されてしまう。
 そのため穀物自給率は結果的に高水準となる。
 しかしこの場合、穀物自給率が高いことは決して
 豊かであることを意味しない。

というのが模範解答でしょうか。

しかしこれは中学受験の社会科の問題。

この問題を出した学校って、小学6年生に
どう答えさせるつもりだったのでしょうか…。

 - こんなの見つけた。, ねごと。