とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 エンゼル(三崎港・まぐろ料理)

      2015/09/25

DSC06908a
上の写真は「まぐろカルボナーラ」。

まぐろを使ったこと以外は正統派のカルボナーラで、
ふんわりこってり優しい味。もう少しコショウなどの
刺激があれば完璧でしょうが、なかなかの水準です。

ここは、三浦半島の三崎港にあるまぐろ尽くしの店。

DSC06904a
まぐろの刺身はもちろんのこと、まぐろづけ丼に
まぐろユッケにまぐろ焼売、まぐろ餃子は焼きと
スープ(水餃子)が揃っていて、まぐろ酢豚風も。

DSC06912a
店の営業形態こそ喫茶店となっていますが、
たぶん三崎でもっともまぐろ料理の種類が多い店。
まぐろへの愛も、もっとも深い店かもしれません。

maguro_angel2
そして、「まぐろソースかつ丼」。

いま、三崎でBl級グルメといえば、B-1グランプリにも
出場している「まぐろラーメン」ですが、「まぐろソース
かつ丼」はその登場の4年も前に誕生した先輩格です。

2003年、新たな名物を模索していた飲食店が集まり
1)まぐろの尾の身を130グラム以上使うこと
2)できるだけ 地元・三浦産のキャベツを使うこと、
などの“掟”を定め、地域共通メニューとして誕生
させました。

DSC04101b
その後、ラーメンのほうが追い抜く形となり、まだ
知名度がいまひとつですが、それぞれの店で特色を
出し、おいしいかつ丼を提供し続けています。

この店のまぐろソースかつ丼は、浅めの丼というか
深めの皿にご飯を盛り、ふわっと柔らかく揚げた
大きなカツを2~3枚乗せたもの。

DSC03876
一緒についてくるソースがフルーティーで、まるで
ドレッシング風であることもあってさっぱりとした
味わいに仕上げられています。
(お好みで卓上の普通のソースを使っても可)

「まぐろユッケ」もまたたれが本格的でおいしく、
当然、まぐろですから獣臭さがありません。
これもまた新たな味わいです。

DSC06905a
餃子も以前、まぐろ餃子(焼き)を食べたので今回は
「まぐろスープ餃子(水餃子)」を頼んでみたのですが
大きな餃子が5個、たっぷりのニラとしめじが添え
られたスープに入って出てきます。

DSC06907a
やや厚めの皮のなかには、まったく臭みを感じない
まぐろの身とキャベツがぎっしりと詰められており、
噛んだ瞬間じわっとでてくるスープ(汁)もおいしく
思わず顔がほころんでしまいます。

いやとにかく、なにを食べてもまぐろのうま味だけを
引き出し、臭みはうまく消されていて、不快な味が
まったくありません。

その技量たるや、ご主人のセンスと努力、そして
試行錯誤にかけた時間の賜物なのでしょう。

ヘンに寿司だ海鮮丼だと騒いで並んでがっかりする
くらいだったら、最初からこの店でまぐろの持つ
潜在力に驚いてみたほうがよほど充実した休日に
できると思います。

ぜひ一度、行ってみてください。

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報はリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

食事処 エンゼル和食(その他) / 三浦半島その他)
昼総合点★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 渋谷以外 , , , , ,