とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 ばりこて(高田馬場・ラーメン)

      2015/11/13

DSC07195

福岡出身なので、ラーメンはやっぱりとんこつです。

でもこの店ができてから、福岡に帰省してもわざわざ
ラーメンを食べに出歩く気にならなくなりました。

下手に食べ歩いてハズレを引くくらいなら、東京に
戻ってから確実においしいこの店に行けばいいや、
と思えるようになったのです。

また、親しい人間は必ずと言っていいほどこの店に
連れて行きました。

現在のご当地B級グルメブームの張本人である、
ある新聞社の特別編集委員。また保守の論客として
知られる別の新聞社の論説委員。さらには日本人で
ありながらミャンマー全土停戦への立役者となった
男性。この味をわかってくれそうな人はみな連れて
行き、全員に喜んでもらえました。

それほどまでに、この店はおいしい。


DSC07196

店があるのは、いわゆるラーメン激戦区と呼ばれて
久しい高田馬場。駅の北にある早稲田口を出て左、
かつてフジタンと呼ばれた東京富士大学に向かう
「さかえ通り」の端っこにあります。

DSC02249

とんこつと言うと油ギトギトのイメージを持つ人が
多いのですが、よくできたとんこつはコラーゲンの塊。

DSC02249a

泡立つぐらいにぐらぐらと煮こまれた豚の骨を中心に
した、とろっとろでうまみたっぷりのスープがなんと
いってもこの店の命です。

横浜のいわゆる“家系”や、広島ラーメンもベースは
とんこつですが、それらは醤油を加えた別物。

とんこつそのもののうま味だけで勝負するなかでも
この店のとんこつスープはまさに直球ど真ん中と
いった感じでしょうか。良くも悪くも臭く、うまいのです。

麺は博多の標準的なものよりもさらにやや細め。
これは毎日のように福岡の製麺所から空輸で取り
寄せているそうで、小麦のうま味がしっかり。

ゆでかたは5通りありますが、ヘンに通ぶったりせず
真ん中の「かた」か次に柔らい「ふつう」がお勧めです。

「当店の麺は生で食べても大丈夫なほど新鮮です」
とは書いてありますが、地元福岡でも「粉落とし」だの
「針金」だの実際に食べているのは少数派なのです
から、おいしいものはちゃんとおいしい状態で食べ
ましょう。

なお、この店はサイドメニューも充実。

DSC07193

なかでも「ゆでぎょうざ」はぷるんとした皮がおいしく
おすすめ。

DSC02247

そのほか他の地域では「筑前煮」と呼ばれる、鶏肉と
根菜の炒め煮「がめ煮」も味が濃くておいしいです。
砂糖の使い方が九州ならではの味です。

DSC02250

そのほか「かしわめし」は型で作っているものの、
味は保証しますのでラーメンだけではちょっと
足りないというときにどうぞ。

DSC_0261

もともと本店が高円寺の南の方にあって、おいしい
のは知っていてもなかなか行けなかったのですが、
高田馬場という便利な街にできてくれて本当に行く
回数が増えました。

これからもずっと続いていくことを心から願います。

 

この文章は「渋谷とっておき!!」
からのものです。
メニューや地図など詳しい情報はリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

ばりこて 高田馬場店ラーメン / 高田馬場駅下落合駅目白駅
夜総合点★★★★ 4.5
昼総合点★★★★ 4.5

 - とっておき!!, ラーメン, 高田馬場 , , , , ,