とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【ねごと。】 仲良く沈没する気か。

   

「国策捜査だ」。

今回の小沢一郎の公設秘書逮捕に関して、
こういって自民党の陰謀説を唱えている民主党が、
あの”ガセメール事件”のときの姿と重なって見えてしまいます。

2006年2月、永田寿康(当時衆院議員)が国会の場でぶち上げた、
「堀江貴文(元ライブドア社長)から送金指示メール」。

当時自民党幹事長だった武部勤の次男に対し、
選挙コンサルタントとして3,000万円の資金の振り込みを
指示した”証拠”として出してきたものですが、
しかし徐々に信憑性が疑われ、ついに詐話師による
捏造だったことがあきらかになった、あの事件です。

あのとき、メールがガセであることが明らかになっていく過程で、
民主党からはこんな声が挙がりました。

「自民党につかまされた、陰謀だ」
「みんなで永田を守っていく」と。

しかしそもそもあのメール、ちょっと調べさえすれば、
捏造であることぐらいすぐにわかるレベルのものでした。

それをまんまと騙されてしまった自分の馬鹿さかげんを棚に上げ、
挙げ句の果てに「自民党の陰謀」ということで
問題の本質をすり替えようとした、その幼稚な体質。

ふたたびその体質を「国策捜査」の言葉に垣間見た気がします。

今回の政治資金規正法違反の問題は、自民党か民主党かの
問題ではありません。

旧田中派・旧竹下派の土建屋癒着体質が、派閥の残党である
小沢、二階というかつての”師弟コンビ”にいまもなお脈々と
受け継がれてきたことが問題なのです。

小沢側から西松建設に対して出された「請求書」が見つかった
という報道が本当ならば、小沢一郎は完全に”アウト”です。

小沢は議員辞職に追い込まれ、政治生命は絶たれる可能性があります。

そもそも今回、「国策捜査」を口にした人間たちは、
実際にそんなことができると思って言っていたのでしょうか。

かつて事実上の”開発独裁”であった自社55年体制下ならまだしも、
いつ政権交代が起こるかわからない現在の状況のなかで、
検察が一方の政党に肩入れすることはまず考えられません。

ならば「国策捜査」の言葉は東京地検特捜部を敵に回しただけで、
民主党はさらに不利な状況にみずからを追い込んでしまったのです。

みんなで小沢を守ろうとしたはずが、一緒に仲良く沈没して
いきかねない。

いまの民主党はそんなふうに見えてしまいます。

 - ねごと。