とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 さいとう(入谷・魚料理)

   

 

日比谷線入谷駅近くにある海鮮丼で有名な店ですが、
正直なところ、海鮮丼ではさして驚きませんでした。

驚いたのは「まぐろ中落ち丼」(具の大盛り)。

上の写真のように、まさに丼からあふれんばかりに
盛りつけられた中落ちは、丼のなかでも厚い層を
なしていて、ごはんにたどり着くのに骨折るほど。
800円の並盛りに200円で具を追加したものとはいえ、
合計わずか1,000円でこの内容は驚きです。

もちろん800円の並盛りが貧弱なわけでもありません。
しかしこの(具の大盛り)を一度見てしまえばもう
並盛りには戻れないでしょう。

丼以外はささやかな小鉢と漬物と味噌汁だけという
いたって簡素な定食。しかしこの内容とあれば、毎日
店の前に行列ができるのも納得がいきます。

この店は隣にある鮮魚店の経営。

スタイルは渋谷の「魚力」と似ていますが、「魚力」が
純粋な魚料理の定食屋として昼の営業が中心なのに
対し、こちらは割烹風。店内はすべて座敷で、客は
正座かあぐらをかいて座る形になります。たぶん夜も
かなりの賑わいをみせていることでしょう。

さて最初にも書きましたが、この店を有名にしている
海鮮丼はあまり驚きがありません。というのも、蒸し
エビや蒸しタコなど”海鮮”とはちょっと言い難いものが
入っていて、具がいまひとつなのです。まあ、時期的な
ものもあったのかもしれませんが。

一方でユニークだったのは、丼のなかに握り寿司が
隠れていたこと。まぐろの赤身と蒸しエビの二貫が、
まるで”頭隠して尻隠さず”のように入っていたのです。
これも毎回ではないのかもしれませんが遊び心を感じ
させてくれました。

多くの客が海鮮丼を頼むなかで、一部のなじみの客が
頼んでいた「あじ・白身魚フライ定食」や、日によって
登場する「まぐろ頬肉生姜焼定食」もなかなか興味を
そそられますが、まずは「まぐろ中落ち丼(具の大盛り)」を
試してみてください。

驚きが待っていますから。

 

 

 

メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/
この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。

 - とっておき!!, 和食