とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 旬作(和食・渋谷道玄坂)

   

 

 

「これは星ガレイといって幻の魚とも言われ、夏には
 一枚6万円とかで取引されるんですよ。」

そう、主人は言いました。

私がランチの「刺身定食」の魚について尋ねたときの
ことです。恩を着せるわけでなく、さらっと自然な口調で
説明してくれることに、懐の深さというか腕の確かさを
見る思いがします。

 

この日の「刺身定食」はこの星ガレイのほかにマグロと
カワハギ。

星ガレイは昆布でしめてあり、わずかに粘性を感じる
ほどのしっかりした歯ごたえ。うま味が強く、むしろ
少々しまりすぎてほんのわずかくどいくらいの感じ。
それはたぶん、前夜のために用意したものだったから
でしょうが、それを1,300円のランチで食べることが
できるなら、かえって幸せというべきものでしょう。

カワハギも肉厚でその弾力を楽しめて、マグロも
柔らかな赤身。写真のように量自体はたいしたこと
ないのですが、食べてみると魚の質が高いために
これだけでも十分な気がしてくるから不思議です。

 

この店の場所は渋谷駅西口のバスターミナルから
横浜銀行の脇の道をさらに西に入った一角。
詳しくはこのページ右上のアイコンから地図を開いて
もらえばいいのですが、一階が履物屋のビルで、
ヒラルのちょうど真下といえばわかるでしょうか。

店には靴を脱いで上がるスタイルで、13人が座れる
L字型のカウンターだけですが、足元が掘ごたつの
ようになっており、十分くつろげるようになっています。
カウンターに囲まれた厨房には主人と奥さんが立ち、
すべてを切り盛りするというこじんまりとした店です。

ランチは刺身定食のほか「さかな定食」「天ぷら定食」
「生まぐろ丼」などがありいずれも1,000円前後。

 

 

最初に行ったとき食べた「さかな定食」が天然ぶりの
塩焼きだったのですが、身は小さめながらこれもまた
弾力があり、じっくりと焼き上げられたもの。
「焼き」の腕もまた確かなことがわかります。

 

 

刺身定食の場合もそうですが、量が足りない場合は、
サイドメニューの「桜海老のかき揚げ」(100円!)を
追加すれば十分な満足感が得られるでしょう。
このかき揚げ、少なめにからっと揚げられていて
歯触りが心地よく、とてもとても100円とは思えません。

魚好きにはたまらないランチを出す店と言えるでしょう。

一方、夜は選りすぐりの魚を堪能する店となるようで
下のメニューのようにお値段もけっこうなものに。

特に、ふぐのコースを一人前から用意してくれたりと、
ただただ純粋においしいものを食べたい、という時には
かなりいい選択肢になりそうです。

ただし、それなりの舌とゆとりを持たないと、この店の
真価は理解できないのかもしれませんが。

 

 

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 - とっておき!!, 和食