とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 吉野(うなぎ/焼鳥・渋谷神山町)

   

 

うなぎがメインで、焼き鳥がサブといった感じの店でしょうか。

その象徴といえるようなメニューが「あいのり丼」。

ひとつの丼にうなぎの蒲焼きが一切れ、串からはずした
状態の焼き鳥が二本、それにネギと獅子唐が乗った
もので、一緒にふたつの味が楽しめるようになって
います。そのうなぎも焼き鳥も上品なたれであっさり
焼き上げられていて、お腹にもたれるようなことがありません。

 

 

 

うなぎというと「うな将」ばかりが知られていて、
この店は裏の路地にひっそりとあることもあって
ほとんど知られていない店なのですが、
なかなかどうしてしっかりとした味の店です。

うなぎはふっくらと蒸したあと、薄めのたれで軽めに
焼いたもの。

そのため噛んだ瞬間、うなぎ本来の素材としての
香りというか、ほのかな魚臭さが口の中に広がり、
「ああ、うなぎってこういう味だったな」と思い出させて
くれます。

 

 

つまり、それだけ最近のうなぎのたれは味が濃く、
うなぎ本来の味を消してしまうほどしつこく大量に
使われているということなのでしょう。

そういえば、こうしたうなぎ本来の味を楽しませて
くれるメニューとして思い出すのが、九州・大分の
日田市で出会った「うなぎの湯引き」です。

さばいたばかりのうなぎに熱湯をかけ、氷水に
くぐらせ、身を引き締めただけのメニュー。
酢醤油と柚子ごしょうをつけて食べるその味は、
まさにうなぎの素材そのものでした。臭みもなく、
うなぎの香りが口一杯に広がりました。

しかし、そのほかの地域で見かけることがほとんど
ないのは、うなぎの素性がよくて初めてできる
メニューだからなのでしょう。

話がそれましたが、この店のうなぎは女性にたとえる
なら薄化粧の美人といった感じ。中国産のような
ベットリとした厚化粧に慣れた舌には物足りないの
かもしれませんが、ぜひいちど、”素材としての”
うなぎを味わってみてはいかがでしょうか。

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 - とっておき!!, 焼鳥・うなぎ