とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 BUCHI ぶち(立ち呑み/バー・渋谷神泉)

   

なにはともあれ「うにクレソン」です。

この店に来たら、まずは何を置いてもこれを頼んで
みてください。必ずや虜になってしまいますから。

 

 

「うにクレソン」とはその名のとおり、ウニとクレソンを
軽く醤油味をつけて炒めたメニュー。
この、常人はおよそ考えつかないような取り合わせが
意外や意外、絶妙な味の組み合わせとなっているの
です。

この「うにクレソン」、もともとは広島市内にある
鉄板焼の店
「中ちゃん」のオリジナルメニュー。
薬研堀という繁華街のはずれの、ほとんど崩れ落ち
そうな古い建物にある、壁紙もほとんどはがれ落ち
そうな店をひとりで守る「中ちゃん」が作っていました。

その広島の隠れた名物が、広島出身の女主人(女将)・
岩倉久恵さんたちによってこうして渋谷に伝えられて
いるのです。

この店は渋谷というにはちょっと遠すぎる場所にある
立ち飲みの店。神泉の交差点のすぐ近く、USEN
(旧有線ブロードネットワークス)のオフィスのすぐ隣の
ビルにあります。

ただ、ひとことで立ち飲みといっても「富士屋本店」とは
次元が違うほど美しい内装に手の込んだ料理、さらに
たくさんのワインまでもが揃っているのです。

女将・岩倉さんはソムリエの資格を持つということ
ですが、実際に好きなのはどうやら日本酒のよう。
カウンターにずらりと並べられた数々のカップ酒は、
あくまで立ち飲みというスタイルを守りながらも
ほかでは見られないような上質のものばかりです。

一方、「うにクレソン」のほかに食べ物も充実。
とくに燻製は自家製にこだわり、スモークサーモンも
燻製卵もきっちり香り高く仕上げられています。
「砂肝のチリガーリック」もカレー味で意表を突き、
日替わりの「いさきのカルパッチョ」も厚めに切られた
イサキの歯ごたえが贅沢な雰囲気で印象的でした。

雰囲気もよし、酒もよし、肴もよし。
まさに三拍子揃った愛すべき店ではあるのですが、
それゆえにある程度の値が張ってしまうのが難点。

もちろん、それだけの品質だから正当なのですが
立ちっぱなしで3時間、払ったお金は5,000円、と
なると、さすがにちょっと考え込んでしまいそうです。

まあ、そうした人々のために地下一階にはゆったりと
着席できるフロアが用意されているといえるのですが。

とにかく、立ち飲みでありながら、他の立ち飲みでない
店とじゅうぶんに渡り合える、いやそれ以上の酒と肴。
ここはみんなで大切に守っていってほしい店です。

 

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

 

 

立喰酒場 BUCHI (立ち飲み居酒屋・バー / 神泉、渋谷、池尻大橋)
☆☆☆☆ 0.0

 - とっておき!!, 居酒屋(洋)