とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 駒形どぜう(どじょう料理・渋谷道玄坂)

   

むかし昔、私がスポーツに関わる仕事をしていたころ、
スポーツキャスターの女の子とクリスマスの予定に
ついて話すことがありました。


 

 

 

くりっとした瞳が、かつてのアイドル・浅香唯によく似て
いて当時は非常に人気があった彼女。

「クリスマスのご予定は?」
ちょっと茶化して尋ねると、彼女は「ないです」と一言。

「イブは、学生時代の女友達で集まってパーティーを
 するんですよ。カップルがいる店に行くとわびしいし、
 腹が立つから、”どじょう鍋の店”でパァーっと。」

どじょう鍋という、クリスマスとは無縁の料理で寂しさを
紛らわそうとする彼女の現実に驚いたことを、きのうの
ことのように覚えています。
また当のどじょうたちも、そんな後ろ向きの理由で
食べられてしまうとは夢にも思わなかったことでしょう。

その”どじょう鍋の店”がここ。

当時はセンター街の突き当たり、「やしま」も入居して
いた古いビルにあったのですが、去年、建て替えに
よって渋谷駅からすぐの場所に移転してきました。

そして今回のクリスマスイブ。
こんどは私が、男ふたりでどじょう鍋をつつく番に
なっていました。

どじょう鍋というのは、実はどじょうを食べる鍋では
ありません。どじょうを煮込むことでで出てくるうまみを
ネギに吸わせて食べるのが本来の食べ方。

ですから、どじょう鍋そのものは2人で最初一人前も
とればじゅうぶん。あとはお玉などと一緒に付いてくる
ネギをてんこ盛りにして酒と一緒にちびちびと楽しめば
どじょうのうまみをとことん堪能できた上に、勘定は
意外にも安くあがるのです。

「柳川」にしたってそう。割り下に溶けだしたうまみを
卵が包み込むことでうまみが増幅されるのです。

ある意味、どじょうというものは昆布や煮干しのような
ダシを取るための材料であると考えたほうが、どじょう
料理を理解しやすいかもしれません。

またこの店はどじょう料理の一方で、鯨料理も充実。

いちばん小さな魚であるどじょうと、一番大きな”魚”
である鯨を一緒に扱うのは、江戸時代から多くの
どじょう鍋の店で行われていたようで、この店もその
伝統を受け継いでいるのです。

「くじら竜田揚げ」は鯨の赤身に甘辛いたれがしっかり
しみ込ませてあり、身も柔らかくおいしく食べられます。
また「くじら汁」は甘めの味噌汁に鯨の白い脂身を
浮かせたもので、脂身の濃厚なうまみが全体に行き
渡っていてなかなか感動ものの美味です。

ほかにも、千切りにしたみょうがに酒盗を乗せた小品
など、どれを食べてもおいしく、安心できます。

有名テレビキャスターだった女の子が、イブをここで
やり過ごしたように、どじょう鍋を囲んでちびちびと
酒を酌み交わせば、冬の寒さもさびしさも、みんな
どこかに飛んで行ってしまうことでしょう。

気の置けない仲間でゆっくりと酒を酌み交わせる
いい店として、ぜひ選択肢に入れておいてください。

 

 

 

 

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 - とっておき!!, 和食