とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 オムニ食堂 大久保店(朝鮮料理・新大久保)

   

 

ところ変われば品変わる、といいますが、まさか
蓮根を生で食べる文化があるとは思いませんでした。

上の写真は「特製ヘルシーレンコンサラダ」(1,449円)
生の蓮根をそのままスライスしてブロッコリーやレタス、
カリフラワーと一緒に盛り、アーモンドや松の実、胡桃
などをふりかけて胡麻をベースにしたドレッシングを
かけたもの。

想像以上に繊維質な生の蓮根の、シャリシャリとした
歯触りが新鮮な感覚。蓮根のホクホク感はデンプンを
加熱して初めて現れることをあらためて知りました。

 

この店があるのはコリアタウン・新大久保。
駅の改札を出て、目の前の大久保通りを東に7分ほど
歩いた場所の雑居ビルの二階を占める歴史ある食堂です。

今回は、ランチタイムに3人で行き、それぞれの
メニューを食べ比べたのですが、注文したのは
「サムゲタン」「水冷麺」「ビビン冷麺」それに上記の
「特製ヘルシーレンコンサラダ」の4品。

「水冷麺」はあっさりしたダシに腰のある麺。
蕎麦粉と、春雨の原料でもある緑豆の粉を使った麺
でしょうか、黒く細くて意外に噛み切りやすい麺です。
これにリンゴのスライス(梨の代わり?)とゆで卵、
牛肉版チャーシューと呼ぶべき牛肉スライスなどが
乗ります。

一方で「ビビン冷麺」は甘くて辛いダシに絡めて食べる
スタイル。コチュジャン(辛味噌)をベースにかなりの
量の砂糖が入っているようで、ずしっと重い甘さと
じわっとくる辛さの複雑な味わいはなかなかほかでは
体験できないもの。
一緒についてくる酸っぱいスープを入れるとかなり味が
まろやかになりますからおすすめです。

これらふたつの冷麺、両方とも提供される際に
店員が調理用はさみで麺を細かく切って食べやすく
してくれます。

また、ランチ限定の「サムゲタン(参鶏湯)」は半身で
980円。
鶏肉からのダシがよく出ていて濃厚なスープでしたが
味は意外にも薄め。これはほかの味を引き立てる
役割の塩分が少なかったためで、塩を持って来て
もらい振りかけると、その濃厚なうま味が引き立ち
ました。まあこれはたまたまのものでしょう。

ダシをとった鶏肉自体はまあこんなものかという感じ
でしたが、980円でサムゲタンが味わえるというのは
ちょっとお得に感じられるかもしれません。

いちばん印象的だったのは、以前にくらべて店員の
対応がよかったこと。以前はかなりつっけんどんな
イメージがあったのが、丁寧でフレンドリーな対応と
なり、一般的な日本の店のレベルになった気がします。

焼肉がメインなだけあって、テーブルなどがちょっと
べたべたするのが気にはなりますが、手頃な価格で
コリアタウンの味を味わうにはいい選択肢だと思います。

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 - とっておき!!, 新宿・神楽坂