とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 いちご(居酒屋/定食・渋谷西口)

   

「とろろ、納豆、玉子、好きな人はたべてね」。

道ばたに置かれた、この黒板の言葉にひかれました。

各種定食が780円均一。それにとろろ、納豆などが
無料で付くというのですから。

 

雑居ビル3階にある店に入ってみると、中はいかにも
飲み屋風の雰囲気。カウンターには隅の方に納豆の
入った発泡スチロール容器が積み重ねられ、とろろの
入ったすり鉢が鎮座しています。

 

客は、ここに行って好きなものを取り、自分の定食に
加えることができる、というシステムなのです。

ランチの内容はハンバーグや焼魚、メンチコロッケに
唐揚げといったオーソドックスなサラリーマン向け定食。

 

 

このうち「ナス炒め」と「焼魚(サバ)」を別々の日に
食べてみたのですが、ナス炒めはナスよりも豚肉の
ほうがボリュームがあり、味付けもちょっと濃いめでは
ありますがいい塩梅です。メインの皿にはキャベツの
千切りとケチャップ味のスパゲッティが添えられ、さらに
冷奴ともやしのあえ物の小鉢がふたつ。これに漬物、
みそ汁、ごはんとかなり充実した定食となっています。

 

 

一方、サバ焼きの定食のときの小鉢は肉団子2個と、
大根ときのこの煮物がふたつ。サバも大きいとは言え
ないにしろ、ごはんのおかずとして十分な大きさのもの
で不足はありません。

 

 

それぞれの定食が本来のセット780円なら文句ない
内容であるにもかかわらず、それに納豆やとろろが
付けられるというのですからかなりお得感あり、です。

ただ、納豆はちょっと注意。
一回目は良かったのですが、二回目に行ったときに
選んだ納豆はかなりの臭いがしていました。
どう表現すればいいのか悩むのですが、揮発性の
化学薬品のような臭い。たしかに昔の納豆にはこんな
臭いがあったのですが、その強さがはんぱではなく、
最初口に入れた時は本当に出そうかと思ったほど。

たまたま保存状態が良くなかったものに当たって
しまったのでしょうが、あやうくテッポウウオ状態
(一直線に吹き出す)になろうかというところでした。

この店、夜はけっこう安い居酒屋のようなのですが、
それぞれの客席には鉄板が装備され、オタフクソース
が置かれています。店の表に貼りだされたメニューに
よればもんじゃ焼きがあるようです。ただ、1,000円と
いう、もんじゃ焼きとしてはけっこうなお値段が気に
なりますが。

とにかく、ランチの定食はコストパフォーマンス高し。

まずはランチを堪能し、地雷(臭い納豆)に当たらな
ければ、次のステージとして夜の居酒屋に挑戦しても
いいかもしれません。

 

 

 

 - とっておき!!, 居酒屋(和)