とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 蒙古タンメン 中本(ラーメン・渋谷道玄坂)

   

 

暴力的なまでのその辛さ。
しかしその陰にあるしっかりとしたうま味もまた人々を
虜にしてやまない、という表現が適当でしょうか。

激辛ラーメン「蒙古タンメン」の中本が、いよいよ
渋谷に進出してきました。

 

以前から新宿の小滝橋通りや池袋西口に店がある
のは知っていましたが、いつも長い行列でわざわざ
並ぶのもおっくうで通りすぎていました。

満を持して進出した渋谷店の場所は、109から
道玄坂をはさんで南。渋東シネタワー地下二階です。
中心ではありますが、このビルの地下に飲食街がある
ことすら知られていません。しかもエスカレーターの
反対側というあまりよくない場所は、よほどの自信が
あってこそ進出しうる場所と言うべきでしょうか。

実際に「五目味噌タンメン」を食べてみて思ったのは、
咳き込んでしまうほどの暴力的な辛さでありながら
ベースとなるタンメンがしっかりとしたうま味を持った
ものであること。

激辛を謳う麺は全国にありますが、たとえば広島の
つけ麺が単に辛いだけであって料理としてはかなり
疑問符がつくものであるのに対し、中本の激辛は
ちゃんとした料理としての基礎があってのもの。
そこが多くの人々を魅了してやまないのでしょう。

それがさらによくわかるのは「味噌タンメン」。
これは激辛ではなく、ピリ辛の札幌ラーメンといった
感じのもので、炒めた野菜や肉のうま味がしっかりと
味わえます。

「初めてのかたにおすすめ」と店も言うように、私も
まずはこれから試すことをお勧めします。よっぽど
遠くから来ていない限り、またどうせこの店に引き寄せ
られるように来てしまうことになるのですから、さらに
激辛を狙うのはそのときでじゅうぶんです。

ところでテーブルに置いてある「中本ツウ」という紙に、
常連の食べ方が指南されていますが、その食べ方の
ひとつにあるのが「定食」の追加。

この「定食」というのは麻婆豆腐の小鉢とごはん。
麻婆豆腐は「蒙古タンメン」の上に乗っているもの
そのままで、唐辛子の粉が浮き上がった激辛のもの。
ですからメインで「蒙古タンメン」などを注文している
場合は同じものを食べることになりますので、あえて
頼まずに、「野菜大盛り」などでタンメンの味わいを
より深くするほうがおすすめです。

場所が悪いせいなのか、それとも渋谷への進出が
まだ知られていないせいなのか、幸いにも現在はまだ
行列はたいしたことはありません。
いまのうちにまずは「味噌タンメン」から激辛の階段を
登り始めることをおすすめします。

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

食べログ グルメブログランキング

蒙古タンメン中本 渋谷店 (ラーメン / 渋谷、神泉)
☆☆☆☆ 0.0

 - とっておき!!, ラーメン, 渋谷