とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 あぺーて/窟(ラーメン/洋食・大久保)

   

 

去年夏、突如として閉店したラーメンの有名店
「竈(かまど)」の主人があらためて開いた店。

去年(2009年)11月のオープンですから、まだ開店
2か月ちょっとの新しい店です。


 

 

 

最大の変化はやさしい味のスープ。背脂は浮いている
ものの、かつてのぎとぎとした感じは消え、あっさりと
まろやかな味となっています。

 

塩と醤油を食べてみましたが、塩はどこかぼんやりした
感じなのに対し、醤油はきりっと引き締まった感じ。
私の好みは醤油ですが、まあひとそれぞれでしょう。

また、チャーシューの代わりに蒸し鶏のような鶏肉に
なっているのも大きな変化。麺も自家製になりました。

“ほんとうに自分が食べたいものを作ったらこうなった”
と主人が言うラーメンです。
私もとくにスープが秀逸だと思いますし、いまどきの
ギトギト、コテコテしたラーメンとは一線を画す、安心して
食べられるラーメンとしてみなさんにお勧めできます。

 

ただこの店、ちょっと特殊な形態をしています。

ラーメンを作っているのは1階にある「窟(やぐら)」。
ここは主人の弟子が店を任されている形になっていて、
テーブル席を主体にした普通のラーメン屋のスタイル。

しかし主人は2階にいて、その2階の店でもラーメンが
食べられるようになっている、というシステム。

ではその2階はなんの店か。

ひとことで言うと、
“子ども連れでも安心して食事を楽しめる店”。

店の半分近くを占めるスペースが、子どものための
遊び場として作られていて、それをぐるっと取り囲む
カウンター席やテーブル席で親は食事をするのです。
子どもを見守りながら、安心して食事ができるという
点で、いままでにない店となっています。

この2階の店「あぺーて」では1階のラーメンが注文
できるほか、さらにイタリア料理などの独自メニューが
用意されています。

とくに石窯焼きのピザは、主人が学生時代にローマの
レストランでアルバイトした時に身につけた技を生かした
というだけあって、なかなかの本格的なもの。
薄い生地がさくっと香ばしく、30㎝もある1枚がぺろっと
入っていきます。ミックスとプレーン(チーズ)しかないの
が残念ですが、テイクアウトも可能ですし、ぜひ試して
みたい一品です。

そのほかはナポリタン、ロコモコ、焼きカレーといった
いわゆる洋食の範疇でくくったほうがいい感じの
メニュー。ちょっと焦点の定まらないメニュー構成で、
しかも子連れ歓迎でありながら子ども専用メニューが
カレーしかないことにちょっと戸惑いを覚えますが、
これから経営が安定するにつれて変わっていくこと
でしょう。

場所は、山手線の高田馬場と新大久保の間の外側。
都営住宅などがたちならぶ一角の、公園に面した
場所にあります。

高田馬場、新大久保、大久保のどの駅からも遠く、
しかも途中のルートが複雑で行きにくいのですが、
ルートが分かりやすく、意外に距離も違わないのが
副都心線西早稲田駅からのルート。

明治通りと交わる諏訪通りを、早稲田大学方面とは
逆の方向に歩いていき、建設中のガードをくぐって
坂を登りつめるまで一直線。セブンイレブンを目印に
左折するとすぐ突き当たりですから、初めて徒歩で
行くならばおすすめです。

 

「竈」という、知る人ぞ知るラーメン店を営んでいた
主人が、長男誕生を機に外食もままならない子育ての
現状に直面し、一念発起して始めたという新しい店。

1階で普通にラーメンを食べるもよし、はしゃぐ子どもを
見ながらのんびりと洋食とラーメンのコラボを楽しむも
よし。

開店からまだ2か月あまりと、店は試行錯誤の最中と
いった感じですが、この志の高い店を温かい目で
見守りながら、心から応援してあげたいと思います。

ぜひ一度、みなさんもどうぞ。

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

 

あぺーて (ラーメン / 高田馬場、新大久保、大久保)
★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 高田馬場