とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 仙台や (中国料理・渋谷鶯谷町)

   


 

すさまじい量です。この「五目カタヤキそば」(900円)。

 

一緒に写っているコショウの瓶の大きさと比べると
その巨大さがわかると思います。

 

直径30㎝はあろうかという大きな皿に、10㎝以上の
高さで盛りられた麺。そしてことごとく覆い尽くす餡。
キャベツともやし、にんじんなどの野菜にたくさんの
キクラゲ、鳴門がアクセントをつけ、頂上には小さめの
ゆで卵が鎮座しています。もちろん肉もちゃんと。

初めて見たら思わず声をあげずにはいられない、
そんな迫力を持った一品です。








ただ、揚げたそばの間には大きな空間がありますから
実際に食べてみると量そのものはそこまで圧倒的では
ありません。少々塩味が強めではありますが、野菜を
しっかり食べられるという意味ではちょっとはヘルシー
です。(あくまで量の割には、ですが。)

とにかくこの店の料理は、洗面器ほどもあるラーメンの
丼に象徴される圧倒的な量が売り。


店の場所は渋谷駅の南の国道246号線を越え、さらに
歩いて8分ほどの場所。山手線の線路に面した通りに
ある、小さな個人経営の中国料理店です。

店としての場所はさほど良くない場所ながら、昼時は
ほぼ満杯。量からして野郎ばっかり、しかも肉体労働系
かと思いきや、周辺のサラリーマンをはじめ意外にも
若い女性だけのグループも。山手線に面して並ぶ専門
学校の学生や、ここから意外に近い代官山に勤める
人々なのでしょう。

中国料理、というかいわゆる「ニッポンのチューカ」は
ひと通り揃っていますが、観察していると意外にも
多くのひとが注文するのが「トンカツ定食」「カツ丼」の
たぐい。

運ばれていく「カツ丼」の姿に衝撃を受け、私もつい
つられて注文してみましたが、これがまた見た目以上の
すさまじさ。なにしろまず、2合(360ml)は確実にある
ご飯が大きく深い丼に詰め込まれ、さらに溢れんばかり
に山を成しています。

それはまるで、山盛りの飯を無理やり食わせるという
日光の奇祭「強飯式」のよう。毎年春の風物詩として
このニュースが流れるたび「何が悲しゅうて無理やり
飯を食わにゃならんのだ」と思っていましたが、まさに
その気分が味わえるのです。


ただ、幸い(?)なのはこれにカツが乗っていること。
たくさんの玉ねぎをだしで煮込み、卵でとじただけという
シンプルさではありますが、肉がしっかりと味も厚みも
あり、”修行”に彩りを添えてくれます。

各テーブルに置いてある壺のなかにある、日替わりの
漬物(きゅうりの塩漬けやもやし炒めなど)を助けに
完食すれば、そこには軽い達成感と重いお腹が
あなたを待っていることでしょう。


とにかく、量。
しかし味もなかなかしっかり。

興味があればぜひ、挑戦してみてください。
がっかりはさせませんから。

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

仙台や (中華料理 / 渋谷、代官山、恵比寿)
★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 中国料理, 渋谷