とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【ねごと。】 スワンが変えたもの。

   

スワンが本調子で鳴りだしてからというもの、
眠っていたCDを引っぱりだしては大音量で聴いています。



なかでも、やはり素晴らしかったのがこれ。



カルロス・クライバー指揮 バイエルン国立管弦楽団の
ベートーヴェン交響曲第4番。

伝説の名演。

しかもまったく修正のないライブ録音。

これぞベートーヴェン、というべき躍動感が

あらためて心を揺さぶってくれました。

もうひとつは、

ロリン・マゼール指揮 ウィーン・フィルの
チャイコフスキー 序曲「1812年」/ベートーヴェン 「ウェリントンの勝利」。


「1812年」といえば、クライマックスに大砲(canon)を使うよう

指定がある曲として有名。

しかし、実際に演奏会場で大砲をぶっ放すわけにもいかず、

作曲者の意図のままの演奏を聴く機会はなかなかありません。

去年秋に陸上自衛隊の朝霞駐屯地で開かれたイベントで

東部方面音楽隊

の演奏に合わせて野戦砲(105mmキャノン砲)を
ぶっ放してみせたくらいでしょうか。

事前に知っていれば仕事を休んででも見に行きたかった…。

話がそれました。

この「1812年」、かつてオーディオマニア御用達だったレーベル・
テラークから出ていたアナログレコードが、オーディオシステムの
再生能力のテストによく使われていました。

しかしこの大砲の音がとんでもないレベルで、針はレコードの溝に
追従できずに音が飛ぶわ、大音量の衝撃音で貧弱なウーファーは
ぶっ飛ぶわで、いったい何のテストをしているのかわからない
状態でしたが。

そのテラーク版とは違い、ソニー・ミュージック版は大砲の音が
入っているものの、適切なレベル。

しかもなによりも演奏が上質です。

また、2曲目のベートーヴェン「ウェリントンの勝利」も秀逸。

この曲は別名「戦争交響曲」とも呼ばれ、英国のウェリントン将軍が
皇帝ナポレオンを撃破した「ヴィットリアの戦い」を描いたもの。

通説ではベートーヴェンの駄作中の駄作とされてきたのですが、
マゼールとウィーン・フィルの手にかかれば、実にいきいきと
情景が浮かび上がります。
ベートーヴェンのなかで、私の好きな曲のひとつです。

しかし、スワンが来て以来、音楽を聴くことが
あらためて楽しくなりました。

休みの日の昼間には、ひとり圧倒的な大音量を鳴らして
スワンの描き出すいきいきとした音楽に酔いしれています。

スワンの作者(設計者)であり、
“オーディオの神様”とまで呼ばれた長岡鉄男。

最近、Googleで「長岡鉄男 スワン」で検索すると、私の
「とっておき!!」のミラーサイトである「ぶろぐ☆渋谷とってお
き!!」

上位30番台で表示されるようになっていました。

彼の没後10年にして、ようやく長岡教信者になれた気がします。

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

 - スワン, ねごと。