とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【ねごと。】 幸福を笑うな。

   

 

広告にはときどき、いったいどういう意図でこうなったのか
まったく理解できないものがあります。

最近の身近な例で言えば、サントリー烏龍茶の
「幸福を笑うな」

 

なぜ「幸福」が笑う対象にならねばならないのか。
その前提を提示してもいないのに、この広告は我々に命令するのです。

私はこのコピーを見るたびに、猛烈な嫌悪を覚えます。

商品の特性を語るわけでもなく、社会へのメッセージがあるわけでもなく、
単に「幸福」と「笑うな」という単語の組み合わせの意外性を狙うだけ。
何のメッセージも感じられません。

相当に不評だったのでしょう、このコピーはあっと言う間に消えてしまいました。

しかし、上には上がいるもの。

もっともっと理解できない広告がありました。


「誰にも相手にされない私、ラグナロクオンラインではチョー頼りにされてんだ。」
地下鉄駅構内に掲示された、ネットゲームの広告です。

「誰にも相手にされない私」が、ここでは「チョー頼りに」されるんだそうです。

しかも…。


「ってゆーか、見た目で判断するの、おかしくね?」

見た目で判断するの、おかしくね?と主張しているということは
この広告が対象とするのは見た目が良くない人々、ということ。

しかもご丁寧に、北関東訛りをルーツとする”語尾上げ”です。

「誰にも頼りにされない」「見た目が良くない」人々が集まる場所。

あなたは、こんな場所(ウェブサイト)に行きたいですか?

まったく理解できません、この広告。
作り手の頭の中身を疑います。

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

 - こんなの見つけた。, ねごと。