とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【ねごと。】 馬鹿と阿呆の平行線。

   

 

どう考えても、馬鹿と阿呆の会話にしか聞こえません。


普天間移設をめぐる、鳩山由紀夫と福島瑞穂のやりとり。

 

 

 

「最低でも県外」だなんて、自分がまいた種の後始末もできずに
結局、米国の言いなりに当初案(辺野古案)を丸飲みせざるを
えなくなった鳩山由紀夫。

無責任な言葉がいかに大きな代償を伴うか、いまごろになって
ようやく身をもって理解し、「やっぱり辺野古」となりました。

私が以前書いた通り、結局沖縄の人々は鳩山の言葉によって
かえって不幸にさせられてしまいました。
もし鳩山が「最低でも県外」だなんて言わなければ、感じる必要の
なかったはずの「不幸」です。

それに対し「テニアン、テニアン」とまるで馬鹿のひとつ覚えのように
わめき続けてきた福島瑞穂。

あすにも朝鮮半島で戦争が始まろうかといういまこの瞬間に、地理と
歴史がまったく理解できていないことを天下にさらけ出す発言は、
さすが「非武装中立」を党是としていた社会党の残党からなる政党
ならでは。

まるで中学校の生徒会長のような融通の利かなさとカタブツぶりには、
かえって感心すらしてしまいます。

この、現実を知らず、知ろうともせず、考えもしないふたりの”巨頭”が
「やっぱり辺野古」「署名できない」と水掛け論を繰り返したところで、
外から冷めた目で見る私たちにとっては、永遠に交わることのない
馬鹿と阿呆の会話にしか見えないのです。

当然の帰結としてきょう、鳩山が福島を罷免するという形で決着を
みましたが、記者会見で鳩山が”辺野古回帰”をいくら侘びてみた
ところで誰も同情しないでしょうし、事態はなにも好転しません。

ただ、政権の瓦解がまた一歩進んだだけになりました。

                                       (敬称略)

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

 

 

 

 - ねごと。