とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【ねごと。】 最大の”功績”は道連れ。

   

 

どうせ彼のことですから、けさの新聞を見て初めて、
自分が辞めなきゃいけない状況にあることに
気付いたのではないでしょうか。

そうでなければ朝6時にいきなり両院議員総会を招集する
なんてことはあり得ません。

 

 

 

わずか8か月あまりでの鳩山由紀夫の辞任。

本人は”10日から1週間前から自問自答していた”と
言っていますが、それは裏返せばその間じゅう
続投の可能性を探り続けていたということ。

結局、首相としての鳩山由紀夫の最大の”功績”は、
辞任にあたって小沢一郎を道連れにしてくれたことでした。

とことん小沢に操られ、徹底的にコケにされ続けた鳩山が
最後に繰り出した”死に馬キック”が、小沢の政治生命を
絶つことができるのか。

それとも民主党内の数の力を背景に、小沢は隠然と影響力を
行使し続けるのか。

民主党、ひいては日本の未来はこの一点にかかっている、
といってもいいかもしれません。

ところで、去年夏の政権交代からずっと私が意外に思い、
気になっていたのは、民主党政権に対する朝日新聞の
執拗なまでの”厳しさ”でした。

これまで朝日新聞といえば、自民党政権を徹底的に嫌い、
執拗な攻撃を続けるというイメージがありました。

全体の論調はよく言えばリベラル、悪く言えばガチガチの左翼
なのですから、自民党を嫌うのは当然。
民主党中心の政権発足は朝日にとっても「悲願達成」だったはず。

ところが朝日はこの8か月あまり、民主党鳩山政権に対し
かなり手厳しい批判を続けてきました。

そのスタンスは読売よりも厳しく、産経に並ぶレベルだった印象。
先日ある新聞社の記者と話したとき、彼も同じ印象を持って
いましたから、客観的にみてそうだったのでしょう。

結局、朝日は自民党が嫌いとか民主党が嫌いとかではなく、
「自分以外はみんな嫌い」だったということ。

釈迦が生誕の時に発したとされる「天上天下唯我独尊」。

この言葉そのものの不遜な存在であり続けた朝日新聞。

先の新聞記者の話では、折からの新聞不況によって
早期退職者を募集し始めたそうです。

 

 

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

 

 - ねごと。