とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 マドリード (スペイン料理・渋谷道玄坂)

   

 

1階がバル、2階がレストランというスペイン料理の店。

かつてジャンボマックス(古い…)のような巨大な人形が
真ん中に鎮座していて、のけぞった記憶がありますが
いつのまにか撤去されたようです。威圧的でしたし、
そんなに広くない店ですから邪魔だったのでしょう。

 

6月26日(2010年)は、FIFAワールドカップ南アフリカ大会で
日本代表がデンマークを破り、決勝トーナメント進出を
決めた歴史的な日。その早朝の快挙の余韻を夜再び、
というのでしょうか、この日の渋谷の人出はものすごい
ものでした。
ワールドカップの経済波及効果のすごさをあらためて
実感しました。

私たちも勝利を祝して急遽オフ会を開催することにし、
最初は次の対戦相手パラグアイの料理を、と探して
みたのですが、検索で見つかった日本唯一との店が
どうやら閉店。ならばパラグアイを撃破したあとに
対戦する(予定の)相手、ということでスペイン料理に
なりました。

1階のバルに予約を入れ、席に着いてみると壁の大型
ディスプレイがよく見える席。ワールドカップ期間中と
いうことでスカパーの放映中で、早朝のデンマーク戦の
ダイジェストもたびたび流れて楽しめました。
もしスペイン戦があるとしたら、この店で観戦というのも
いいかもしれません。

料理は一品一品が小さめで量的には物足りない気が
しますが、2階にレストランがあるだけに味はしっかり。

 

とりわけおいしかったのが「ラムと野菜のトマト煮込み」
で、ラムのうま味が濃いめのトマトソースにとけ込んで
いい酒の友になっています。また、「若鶏とアサリの
グリーンソース」も鶏肉のうま味が引き立っていて
おいしく、「牛ミノと生ハム類の煮込み」いわゆる
トリッパの煮込みも濃いうま味が楽しめました。

そのほか、メニューにパエリアがなかったのでその
代わりに頼んだ「アサリとエビのバスク風ご飯」は、
簡単に言うとおじや風。まあバルで出すための廉価版
でしょうが、海のうま味が凝縮されていてこれはこれで
いける味です。

 

飲み物はハウスワインを飲み続けましたが、安いなりに
しても甘くておいしくなかったのが残念。
ビールもジョッキが小さく、バルのイメージにふさわしく
豪快に、といかなかったのが残念でしょうか。

店のサービスはマネージャーらしき年配の女性が
仕切っていますが、ほかはほとんどバイトのようで
呼ばれないと動かない感じ。マネージャーの女性も
ちょっと仕切りすぎの雰囲気で、ほかの客を案内する
際に私は彼女のお尻で背中を押されるようなことも。

後ろの空間が通りにくいならひとこと言ってくれれば
いいのに、まるで歓迎されざる客のような扱いには
ちょっと閉口してしまいました。

 

まあとにかく、料理はしっかりして文句なし。
ただ勘定はちょっとスペインバルとしては微妙な線かも
しれません。

もし日本がベスト8に進出して、スペインと対戦すること
になったら、この店でにぎやかに応援するのもいいで
しょう。

 

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

 

 

スペインバル&レストラン マドリード (スペイン料理 / 渋谷、神泉)
★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 洋食, 渋谷