とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 とんとん (ラーメン・西早稲田/高田馬場)

   

 

 

まったくの博多ラーメンです。
海苔が付いていること以外は。

 

 

 

スープはけっこうとろとろっとてした感じで濃厚。
純粋な昔ながらのとんこつスープです。
福岡でいうと「大砲ラーメン」と似た雰囲気でしょうか。


麺もかためにゆでられていて、芯が残っている感じ。
いわゆる「バリかた」「針金」を連想させるゆで方です。

とんこつに様々なバリエーションが生まれ、煮干しなどと
合わせることが普通に行われるようになったいま、
かえって懐かしい感じのするラーメン。私にとっては
郷愁を感じさせてくれる、好きな味のラーメンです。

ところが、ここで客は混乱してしまいます。

この店は「福山ラーメン」「福山名物 高菜ラーメン」を
名乗る店。広島県の東部、福山のラーメンだと言うのです。

しかし食べているのは、まごうことなき博多ラーメン。
これが福山ラーメンと称するのはこれいかに、と。

調べてみると、広島県福山市にある本店の名は
「博多ラーメン とんとん」。

たしかにこの店は福山で成功し、東京に進出してきた
のでしょうから、ルーツが福山であることを強調したい
のはわかります。しかし 福山で博多ラーメンを名乗り、
東京で福山ラーメンを名乗ってはアイデンティティの
混乱が生じるだけであまり得にはならない気がします。

実際、福山市内で多くの店が出すラーメンは
尾道ラーメンと同じ醤油味のラーメンなのですから。

ですから、ここ西早稲田ではあえて福山を表に出さず、
純粋にとんこつラーメンとして勝負すれば勝機はある
気がします。

あと、もうひとつ気になったのがメニューの少なさ。

ラーメン(650円)の上にはチャーシューメン(900円)
があるだけ。値段の開きが大きく、迷った挙げ句
2回目、3回目と結局ラーメンを食べ続けることに
なってしまいます
(ほかにキャベツの千切りを中心に乗せた「ラーメン野菜入り」と
いうのがありますが、これはいかにも邪道。)
ごはんものも「とんとん丼」が500円と高いために
サイドオーダーとして頼むべきなのか躊躇してしまいます。


750円か800円くらいにもう一品あれば、客としても
リピートしやすくなりますし、店にとっても客単価が
上がるのではないでしょうか。


ワールドカップの日本代表の勝利で、ビールを無料で
振る舞ったりラーメンを400円にしたりと、客寄せの
工夫をいろいろやっているようですが、もう少し
メニューのバリエーションを出していけたらしっかりと
定着できるのではないでしょうか。

昔ながらの博多ラーメンを出す店として、頑張って
ほしいものです。

 

 

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

 

福山ラーメン とんとん 東京店 (ラーメン / 面影橋、西早稲田、学習院下)
★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 早稲田, 高田馬場