とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 井手ちゃんぽん (福岡筑紫野・ちゃんぽん)

   

 

DSC01645.JPG

 

井手ちゃんぽんに行きたしと思へども
井手ちゃんぽんはあまりに遠し。

 

 

なにしろ店の場所が佐賀県の北方町という片田舎。

佐賀から長崎に向かう国道34号線の武雄温泉の手前、

曲がりくねった道の途中にぽつんとある店なのです。

平行して長崎自動車道も走っていますし、

わざわざこの店に行くという目的がなければ

通る場所ではありません。

 

あのこってしたスープの味がなつかしく、

無性に行きたいとは思っても、なかなかおいそれと

行ける場所ではなかったのです。

 

DSC01656.jpg

 

ところがその井手ちゃんぽんが、いつのまにか

福岡市近郊、筑紫野市原田の旧国道3号線わきに

店を開いていました。

たまたま見つけた私の狂喜乱舞たるや。

 

DSC01651.jpg

 

ちょうど帰省シーズンの日曜日の昼ということもあって

店内は満席。私のあとには車が駐車場に入れず、

店内にも行列ができるほどでしたから、やはりみんな

井手ちゃんぽんが好きなのでしょう。

 

DSC01647.jpg

 

写真は「特製ちゃんぽん」(800円)。

レギュラーメニューの「ちゃんぽん」(650円)が

その山のように盛られた野菜が客を圧倒することで

有名なのに対し、こちらは盛り具合はまだ普通。

 

特製のゆえんは丼が真っ黒に見えるほどの

キクラゲと具の中央に埋め込まれた生卵です。

 

DSC01650.jpg

 

キクラゲがコリコリとしておいしく、生卵は食べる途中で

潰して麺とからませるととろっとして、濃いスープと調和。

いいアクセントになります。

 

DSC01648.jpg

 

井手ちゃんぽんの特徴は、なんといってもこってりとした

白濁とんこつスープ。これにぷりっとしてなめらかな食感の

太いちゃんぽん麺がからみ、さらにしんなりと炒められた

キャベツやピンク色のかまぼこがどっさりと乗って三位一体の

こってりちゃんぽんを形作っています。

 

本場、長崎にもこれほどこってりとしたちゃんぽんはなかなか

ありません。井手ちゃんぽんは井手ちゃんぽん、独自のジャンルと

言ったほうがよく、それゆえに固定ファンをがっちりとつかんでいる

のでしょう。

 

DSC01643.jpg

 

メニューにも書いてあるとおり、普通盛りでも

ほかの店の大盛りくらいの大きさのある井手ちゃんぽん。

 

ここ筑紫野のほかにも各地に展開を始めているようですから、

全国にその名が轟くようになるのももうすぐでしょう。

 

かつて佐賀県の片田舎にしかなく、知る人ぞ知る存在で

しかなかった井手ちゃんぽん。

 

本場・長崎のちゃんぽんとはかなり違うこってり井手ちゃんぽんは

九州に行くのならば必ず食すべき一品として強く推薦します。

 

 

 

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

 

井手ちゃんぽん 筑紫野原田店ちゃんぽん / 原田駅
★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 旅先編, 福岡