とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 うさぎ (ラーメン・渋谷神泉)

   

神泉の片隅にひっそりとたたずむ小さなラーメン屋。

その地味な外観とは裏腹に、きらりと光る珠玉の
一杯を味わうことができる素晴らしい店でした。

最初に頼んでみたのが「わんたんめん」。
自家製のワンタンが丼の7割を覆い尽くした状態で
出てきます。まず最初にスープに口をつけると、その
澄んだ味わいに驚きます。鶏をベースに宗田鰹の
鰹節などを合わせたとのことですが、魚介特有の
雑味がまったく感じられず、鶏がらのうま味にコクと
奥深さが与えられている感じ。

 

店内には化学調味料不使用との謳い文句が張られ
ていますが、ここまでおいしければわざわざ謳う
必要などないのではないでしょうか。化学調味料
不使用を謳うことは一種、「味が足りない」ことの
言い訳にも聞こえるわけですから。


さて、ワンタンをかきわけると久留米ラーメンほどの
太さの麺が登場。とてももちもちした食感で、小麦の
甘味が感じられます。

ワンタンはぷるんっとした皮の感触がうれしく、具も
しっかり。さすが手作りと感心させられます。
チャーシューはスモーキーで味が濃いめ。メンマは
独特の香りが少し残されたくらいの塩梅でちゃんと
食べた実感が残る感じです。そのほかトッピングに
水菜があるのがとてもユニーク。

ひとつひとつが非常に高い水準でまとめられている
のですが、ただひとつ不思議なのが、麺とスープの
親和性がちょっと足りない気がすること。なぜなのか
はわかりませんが、別々に食べている気がするの
です。お互い個性が強すぎるのか、味の方向性が
違うのか。キツネにつままれたような気がしました。

とはいえ、おいしさでは渋谷で1、2を争うことは
間違いありません。辛い麺で有名なこの店ですが、
まずはこのスタンダードなスープのうまさを堪能して
ください。

そして後日、食べてみたのが「汁なし担々麺」。

あるようでなかなか置いてる店がないこのメニュー。
辛さばかりがややもすると強調されますが、実際は
ベースとなるスープや肉味噌の味が鍵となり、一体感
を持たせるにはなかなか難しい一品です。

 

上の写真では、麺は少なめに見えますが、実際は
麺はかなり多め。丼がけっこう大きいのです。

これは「飛びはね」対策。肉味噌がねっとりしており、
麺も太めで腰が強いため、麺を普通に引き上げて
食べようとするとスープや肉味噌の粒があっちこっち
に飛んでしまい、服を汚しかねません。
ですからこのメニューを食べるときには麺の途中で
かぶりつくこと。つまり、麺を全部引き上げようとする
のではなく、ある程度の長さまで引き上げたらその
まま噛み切ってください。それがこの麺を食べる上
での最大のポイントと言えるでしょう。

 

味は、麻(マー・花椒)と辣(ラー・唐辛子)をそれぞれ
3段階からチョイス可能。麻は唇がしびれる辛さです。
私は辛い物好きなので麻を「強」にして、その代わり
辣を「普通」に。「強」でもよかったかもしれません。

味は肉味噌が濃い味で、ベースのスープがしっかり
しているため、単に辛いだけではありません。
コクのあるうま味と辛さ、そして唇のしびれが混然と
なってついつい休みなく食べてしまいます。かなり
「重い」ですが、うまさもまた相当なもの。ちょっと
病みつきになりそうです。

そのほか、サイドメニューも意外と充実しており、
23時という閉店時間と相まって、居酒屋代わりにも
使えそう。

なかでもこれも自家製という餃子は、餡がふんわり
していて皮もむっちり。専門店でもなかなかない
柔らかな食感は特筆もの。
5個で350円という価格は微妙ですが、もし小腹が…
というときには、ちょっと塩辛い「わさび焼豚飯」など
小丼をチョイスするよりはこの餃子を選ぶほうが
賢明でしょう。

この店の存在はずいぶん前、そう「東急ステイ」という
滞在型ホテルが隣にできる前から知っていましたが、
その外観の地味さと、当時ことさらに「無化調」を
強調していた印象からあえて入ることがありません
でした。

しかしその実力は想像を超え、渋谷でトップと言って
もいいほどです。

またひとつ、”小さな宝石”を発見した気分です。

 

 

 

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

 

 

 

うさぎ ラーメン / 神泉駅渋谷駅駒場東大前駅
夜総合点★★★★ 4.5
昼総合点★★★★ 4.5

 - とっておき!!, ラーメン, 渋谷