とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 亀戸餃子 (餃子・亀戸)

   

 

メニューは餃子しかありません。

ごはんすらないのです。昼間から。

こりゃあ昼間っからビールを飲むしかありません。
午後3時、この日の仕事は終わってることですし。

 

 

 

5個ひと皿250円。注文はひとり2皿以上が条件。
ビールは大瓶で550円と標準的な値段ですが、
老酒・杏露酒・ライチ酒・梅酒がそれぞれ150円と
格安。安く飲もうと思えば、破格に安く飲める店です。

 

餃子は、ペースト状の肉を中心に野菜もたくさん
入った餡はふんわりとして軽く、さくさくとした感触。
少しもっちりした薄めの皮とよく合っていて、ぺろっと
次から次へと食べてしまえる感じです。

 

最初の2皿目がなくなりそうになると、カウンター内を
常に巡回するおばさんが「おかわりは」と迫ります。
たしかに2枚ではちょっと足りず、ほかに選択肢も
ありませんからさらにもう2枚。こうして回転ずしの
ように皿が積み重ねられていくのです。

不思議なのは、枚数を重ねるにつれて味が違って
感じられること。

2枚目までは野菜の甘みを感じながらさくさくと頬張
っていたのに、なぜか3枚目からニンニクの辛さが
気になりはじめ、ちょっと辟易しはじめます。ところが
4枚目の終わりになるとまた野菜の甘みが感じられ
もう一枚行こうかな、と悩み始めるのです。

餡の混ぜ方が不均一だったのでしょうか、それとも
ニンニクの辛さが舌に蓄積されたのかわかりません。
しかし不思議な感覚でした。

結局、餃子5皿とビール1本、さらに老酒まで1杯
飲んでしまい、白昼けっこう酔っぱらって1,950円。
至福の時間だったものの、時計を見ると滞在時間は
わずか20分でした。

…こりゃあ回転が速くて店は儲かるわ。

 

なお、この店は持ち帰りも可。店内にいると次々と
持ち帰りだけの客がやってきます。多い人では
70個、3,500円分を持って帰っていました。
それだけ地域に根差しているということでしょう。

 

持ち帰りは焼いた状態でも生でも可。
生を、蒸して焼くとかなりおいしくなるのでお勧めです。

最初の「飲み物は?」の問いに「水っ!」って答えて
ただ黙々と餃子3皿食べて750円、という強者もいました
が、まあここはビール片手に餃子をつまむというのが
やはり”王道”でしょう。

もし亀戸周辺を訪れることがあったら、ぜひ一度は
この”餃子とビール”の王道に触れてみてください。
お勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

 

 

 

 

 

 

 

亀戸餃子 本店餃子 / 亀戸駅亀戸水神駅
夜総合点★★★★ 4.5
昼総合点★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 中国料理, 渋谷以外