とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 ぶあいそ (居酒屋・高田馬場)

   


福岡市に昔、「親不孝通り」という通りがありました。

通りの奥には、当時の福岡の二大予備校が鎮座し
浪人生たちが通う道でした。しかもゲームセンターや
居酒屋などが並び、勉強しなければならない立場の
彼らを誘惑し、堕落させていたことから「親不孝」の
名が自然発生的に通りにつけられたのです。
かつて福岡では誰もが知る通りでした。


この親不孝通りで、安い居酒屋を何店舗も展開して
いたのがこの「ぶあいそ」。安くて量がありおいしいと
繁盛し、当時福岡の若者がみな読んでいたミニコミ
「シティ情報ふくおか」にも広告を出しまくっていました。

しかしそれも昔の話。
地元資本だった二大予備校は、相次ぐ大手予備校の
進出によっていまは存在せず、「シティ情報ふくおか」
も一度休刊に追い込まれてしまいました。

その構図は、玉屋、岩田屋、井筒屋といった福岡の
地場百貨店が、三越など大手百貨店の進出により
閉店や経営破綻に追い込まれたのと全く同じ。
福岡という街の独自性が失われていった時期と
符合するのです。

「親不孝通り」も、よせばいいのに「親富考通り」と
名前を変え、さらにさびれてしまいました。

しかし一方で、福岡の食文化は東京に、そして全国
津々浦々に広まっていきます。辛子明太子、もつ鍋、
水炊き、博多ラーメン、豚足、ひとくち餃子など、
いまや東京の街中で見かけない日はないほど
福岡の食文化は全国に浸透しています。

この「ぶあいそ」は、そうした流れの中では最後発。
去年、学生の街・高田馬場にやってきました。


場所は高田馬場駅から早稲田通りを東へ3分ほど。
早稲田大学をはじめ、美容専門学校などの学生の
行列が絶えない場所にあります。

去年、オープンから間もない時期に行ってみたの
ですが、そのときは正直がっかりしました。
メニューが非常に多いのはまあいいとしても、正直
味が中途半端。学生街での勝負に挑むために食べ
飲み放題で低価格にしたツケが回った感じでした。



それが1年たった今回の訪問では、メニューが絞ら
れたぶん、味が充実した感じ。あえて手を広げず、
手慣れた福岡でのメニューを中心にまとめてきた
感じでしょうか。

「鉄鍋豚バラ焼き」(1,280円)の塩味は、豚バラの
うま味をキャベツやニラなどの野菜にしみこませて
食べるシンプルなもの。肉を中心に量が多く、なか
なかお得感もあります。



「博多一口餃子」は、小さな餃子7個にうすーい
羽根がついた状態で出てきて380円。ほんとに小さい
のでぱくぱくっとふた口ぐらいでなくなってしまう感じ
ですが、味もよく、博多の雰囲気をよく伝えてくれて
います。ただもともと羽根は福岡の餃子にはない
ので、なくてもいいとは思いますが。


「鶏ささみの生春巻きサラダ」(630円)もまたシンプル。
海老などに無理にコストをかけずに仕上げたため
破綻のない内容となっています。

刺身など、コストがもろに目に見えやすいメニューに
手を出さず、学生街の居酒屋の王道ともいうべき
メニューで手堅くまとめてきた感のある現在の構成は
かなり成功していると言えるのではないでしょうか。


学生時代の同級生のような、気の置けない仲間と
集まる
ようなときには重宝することでしょう。

高田馬場で気軽な飲み会、というときには真っ先に
思い出してほしい、そんな店です。

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/
 

ぶあいそ 高田馬場 もつ鍋 / 高田馬場駅西早稲田駅面影橋駅
夜総合点★★★★ 4.5
昼総合点★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 高田馬場