とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 道玄 (高田馬場・ラーメン)

   

 

いつか入ろうと思いながら行く機会がなかった店。
その存在を思い出して行ってみると、いきなり行列が
できる店になってしまっていました。

 

 

2年ほど前からこの店の存在は知っていましたが
駅の裏側のひっそりとした細い路地の奥にあり、
通りがかりにふらっと入るような場所ではありません。


ですから以前は集客にかなり苦労していたようで、
早稲田通りには店の存在を示す看板が置かれ、
店のお兄ちゃんが毎日のようにビラを持って呼び
込みをやっていました。


その店が突然の行列。

聞くと、前日の「王様のブランチ」で紹介されたとか。
テレビの威力をまざまざと見せつけられた思いです。

せっかく来たので並んで入り、注文したのはオススメ
という「チャーギューメン」の塩。牛骨でとったスープに
牛肉で作ったチャーシューならぬ「チャーギュー」を
乗せたもの。

出てきたものを見ると、澄んだスープに透明の脂が
浮かび、上に2枚の薄いチャーギューが。
このチャーギュー、ほとんどローストビーフそのもので
これ単体でもおいしく食べられそうです。

スープはテールスープほど濃厚なうま味はないものの
あっさりかつ適度なうま味があります。ただ、脂が
ちょっと多すぎる感じで、全体を食べたあと口の周り
がぬらぬらする感じが残ってしまいます。
麺は縮れた細麺で、小麦のうま味が感じられるもの。
トッピングはもやしと水菜が添えられ全体に薄味で
まとめられています。
鳥取県産の牛など、素材へのこだわりが強く感じ
られる一杯となっていました。

ただ、スープのコストがかかるためなのか、丼が
逆円錐形になっていて、麺もそれに比例して少な目。
頼むときはそれを考慮して大盛りにしてもいいかも
しれません。

そしておよそ一か月後。


ふたたび訪れた店は行列もなく、店内もまばら。
テレビの効果は1週間、とよく言われますが、まさに
それを実証するかのような風景です。
それでも放送前よりは良くなったかもしれませんが。

 

今回頼んだのは「醤油白湯ラーメン」。
牛骨を煮だして白濁させたスープを使ったもので、
こってり濃厚とのこと。


実際に食べてみた感想では、単なる醤油とんこつの
ようになってしまい、牛の良さがほとんど感じられなく
なってしまったような感じ。とんこつ特有の臭さや
ぎとっとした感じこそありませんが、わざわざ選ぶ
理由を感じません。

この店で食べるならやはり澄んだスープでしょう。


このほか、サイドメニューのチャーシュー丼を食べて
みましたが、豚のチャーシューについては特別に
他の店との違いは感じられませんでした。

この店のアイデンティティはやはり、牛骨で取った
澄んだスープのうま味でしょう。

ただ、個人的にはスープの脂をもう少し減らして
くれたらもっと好きになれる味なのですが、現在の
流行と若い世代の客の嗜好を考えるとこうなるのも
わかる気がします。

このユニークなスープはぜひ一度試してみる価値は
あると思います。

 

 

 

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

 

 

 

道玄ラーメン / 高田馬場駅西早稲田駅下落合駅
夜総合点★★★★ 4.5
昼総合点★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 高田馬場