とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 はせ川 (早稲田・立ち食いそば)

   

 

 

昔ながらの立ち食いそばでありながら、なかなか
侮れない味のそばというものはあるものです。

早稲田大学の正門前にあるこの店もそのひとつ。

 

 


とはいえ、天ぷらの類は作り置きでぼてぼての衣。

麺もまた、ゆで置きのほとんど”色つきの細いうどん”。

なのに侮れないと思わせるのが、つゆなのです。

 

店の前に置いてあるかごには、宗田鰹や鯖節の
だしがら。これらのうま味をたっぷりと含んだつゆは
立ち食いそばの域を超え、手打ちの蕎麦屋とも十分
太刀打ちができるほどのものとなっています。

醤油が濃く、かなりしょっぱい部類に入るのですが
うま味がそれを上回って、身体に悪いと知りながらも
ついつい最後まで飲み干してしまいたくなります。

トッピングは、月見、きつねといったスタンダードなもの
から、いんげん、あじ天、それに納豆などユニークな
ものを加えて14種類。
前述したように、揚げ物は作り置きでボテボテですが
しみだす油がまたつゆにうま味を加えていることも
事実なのです。

 

開店が昭和44年で、すでに40年以上もこの場所で
営業しているとのことですが、たぶんここの常連は
このつゆのうまさにほれ込み、通い続けているの
でしょう。一種の常習性を持つうまさ、と言えるかも
しれません。

これでもし天ぷらが揚げたてで、麺ももうちょっと質が
良ければ最強なのに…、とは店の方でも思っていた
ようで、4年ほど前に一度早稲田通りに
「ますや」
いう支店を出しています。

このときは冷凍麺を使ってのチャレンジでしたが、
開店当初のオペレーションに失敗、でろでろの麺が
死んだ魚の群れように丼を覆い尽くすありさまと
なってしまい、ゆで置きのほうがまだマシといった
事態に。

その後態勢を立て直して麺も良くなり、天ぷらも
揚げたてのかなりいいものを出すようになっていたの
ですが、駅から遠いこともあり目の前にチェーン店が
あったのも災いしてか、残念ながら閉店となりました。

しかし本店のほうはいまもこうして健在。

これだけの味のつゆを持つのですから、前回の
失敗に懲りず、また新たなチャレンジをしてほしいと
願うのは私だけではないはずです。

 

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報は下のリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

 

 

 

 

立ち食いそば はせ川そば(蕎麦) / 早稲田駅(メトロ)早稲田駅(都電)面影橋駅
夜総合点★★★★ 4.5
昼総合点★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 早稲田