とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【ねごと。】 島からの脱出。

   

大荒れの天気のなか、
どうやって島を脱出するか。

 

今回、訳あって伊豆諸島の利島(としま)
行ってきましたが、利島で何をするかよりも
どうやって島から帰るかのほうが重要だと
言っても過言ではないくらいの大問題でした。

なにしろ、2、3日前から大荒れの天気が
予想されていた3月31日じゅうに、絶対に
東京に戻らなければならないという
至上命題があったからです。

考えられる手段は7つ。

①12:10ヘリ→伊豆大島→(高速船)17:35竹芝
②12:50客船→伊豆大島→(高速船)17:35竹芝
③12:10ヘリ→伊豆大島→(客船)19:45竹芝
④12:50客船→19:45竹芝
⑤7:45客船→新島→(セスナ)10:20調布
⑥7:45客船→神津島→(セスナ)14:15調布
⑦7:45客船→神津島→(折り返し)19:45竹芝

朝から強風が吹き荒れ、午後には
さらに風も波も大荒れとの予報。

朝の段階で高速船(ジェットフォイル)は
すべて欠航を決めてしまい、①と②は
早々と選択肢から消えました。

セスナもヘリも、予約は入れてあるものの
実際に飛べるかどうかわからないとのこと。

③と⑤⑥は非常に危険な賭けになります。

さらに、利島は島の形がまんまるで
湾がないため、波が高くなっていくと
船が接岸できず素通りされることも。
なにしろ冬場の就航率は40%しかないのです。

そうなると朝のうちはまだよくても
大荒れとなる昼過ぎには利島港に
客船が接岸できない可能性まで出てきます。

結局、悩みに悩んで決めたルートは⑦。

朝、南に向かう船に乗り、終点の神津島で
そのまま折り返して戻ってくるコース。

大荒れの海で12時間もまれ続けるという
最悪のコースですが、何があっても必ず
東京にはたどり着けます。

ゲロまみれの苦行も覚悟しましたが
風が追い風だったこともあり揺れは
思ったほどではなかったため、どうにか
無事に戻ってくることができました。

今回の経験で、島での暮らしは
交通の面についてはまだまだ大変だと
いうことを痛感しました。

 

しかし、ここも東京都というのがまた
面白いですね。 

 

 

 

 

 

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

 - ねごと。