とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【とっておき!!】 チョップスティックス (ベトナム料理・高円寺)

   

 

 

ベトナムより、はるかに真面目に作ったフォーです。

 

 

 

10数年前、味の素がベトナムに進出したことによって
化学調味料はあっという間にベトナムを席巻、いまや
現地では化学調味料なしのベトナム料理など存在
しないと言ってもいいほどになってしまいました。

しかしこの店は化学調味料を使わず、天然素材に
こだわり、しっかりとしたうま味を持ったスープを
作っています。その深みのある味とコクは、ベトナム
ではもう味わえないレベルにあると言っていいでしょう。

つまり、本場よりはるかに真っ当なスープが味わえる
店なのです。

なおニョクマム(魚醤)を加えるとさらにコクが深まる
感じで、私個人としてはこのほうが好みでした。

そしてフォー自体も生麺。


ベトナムでは麺は生のまま流通するのがほとんどで
乾麺を戻したものとは微妙に食感が異なります。
そのため、ここでは日本で初めて製造された生麺を
使用、しかも原料米を日本産にすることで安心できる
ものにしたとのこと。


食べてみると、ぬめっとした食感がやや強いのですが
たしかに乾麺よりもはるかにもちもちとしておいしく
さすが生麺だと驚きの声を上げてしまいます。

さらに出色なのは香草(ハーブ)の使い方の巧みさ。

ベトナムでは麺類を頼むと別皿に香草や野菜が
山のように盛られてきて、それを麺に乗せたり別に
手で食べたりするのですが、日本では価格差もあり、
ふんだんに使う店はほとんどありませんでした。

しかしこの店では写真のように、別皿とまではいきま
せんが丼の半分を占めるほど青々と盛られています。
香菜(パクチー)の量はそれほどでもないのですが
香りは十分。サニーレタスや水菜など、香りの邪魔を
しない一般的な野菜をいわば”増量剤”に使う形で
豊かな彩りを実現させているのです。
正直、これがいちばんうれしい。

今回は「牛肉のフォー(フォー・ボー)」だったのですが
牛肉の塊も味付けが豚の角煮のようで甘くおいしく、
いいアクセントとなっていました。

一方、翌日に食べた「ブン・ボー・フエ」。
ベトナム中部の古都フエが発祥のこの麺は、ブンと
いうまるい断面を持つ米の麺を使うのが特徴。


現在の日本では「辛い麺」として紹介されることが多く、
この店でもかなり辛い味付けなのですが、私自身が
フエの発祥の店で食べた「ブン・ボー・フエ」は辣油が
スープの縁に薄く見えるものの、さほど辛いという
印象は残っていません。

いま日本に伝わっている「ブン・ボー・フエ」はたぶん
ホーチミン市やハノイの店で紹介されていたものを
日本に持ち帰った形になっているようで、いくぶん
誇張というか特徴の強調があるのでしょう。

だいたい、ベトナムの人々は辛いものに弱いのです
から、辛いブン・ボー・フエというものはヨソの地域に
よる一種のアレンジなのかもしれません。


さて、この店の「ブン・ボー・フエ」の最大の特徴も
やはり麺。細めのうどんかスパゲッティを思わせる
太さの麺は、弾力もまたスパゲッティのよう。
ぷるん、ちゅるん、という感じで口の中で踊ります。


スープはやはり辛めですが、うま味もしっかりとして
おり、これはこれでおいしいと言える味。
牛肉もまたフォーとは味付けが違い、ゆでた感じに
なっています。

しかし微妙な違いはあるにしても、本場の味を
そのままと言っていいほど忠実に日本に持ってきた
感じの店。私がこれまで日本で食べたフォーの中では
最も現地の味に近く、最もおいしいと断言できます。
しかも安い。

高円寺の、昔ながらの八百屋や肉屋などが並ぶ
細い路地を抜け、さらに昔は屋内生鮮市場だった
「大一市場」の一角にある店は、その時間が止まった
シチュエーションと相まってまさにベトナムの市場に
迷い込んだかのような錯覚にひたらせてくれます。


本当にベトナムの人々が普段食べているものを
そのままに。全身で体験するならばここしかないかも
しれません。

ぜひぜひ一度、足を運んでその舌で味わってみて
ください。決して後悔はしませんから。

 

 

 

 

この文章は「渋谷とっておき!!」からのものです。
メニューや地図など詳しい情報はリンクからどうぞ。
http://www.totteoki.jp/shibuya/

 

 

 

 

チョップスティックスベトナム料理 / 高円寺駅新高円寺駅
夜総合点★★★★ 4.5
昼総合点★★★★ 4.5

 - とっておき!!, 渋谷以外, 麺その他