とっておき!!TOKYO

東京のおいしい店、いい店、安い店。ここは私の“とっておき!!”と、日々の些細な物事に感じたことをご紹介する場所です。

【ねごと。】 東京の地下は魑魅魍魎。

   

東京メトロ副都心線を、東急の車両が走っていました。

走っていたのは東急の5000系車両。

山手線などで走るJR東日本E231系をベースに作られた
東急としては新しい車両です。

来年3月16日、東京メトロ副都心線と東急東横線は
渋谷駅でつながり、相互乗り入れを始めます。

これにより東武東上線・西武池袋線から副都心線を
経由し、東横線・みなとみらい線へと埼玉・東京・神奈川
3県を結ぶ長大ルートができあがるのです。

しかし、現在はまだ東横線と副都心線は線路が
つながっていません。

じゃあどうやってこの車両を副都心線に入れたのか。

考えると、夜も眠れません…(ふるい)

で、調べてみました。

すると、なんと市ヶ谷で南北線と有楽町線がつながって
いるとのこと。

飯田橋から市ヶ谷にかけ、このふたつの線は
並行して走っています。

ここに、公にはされていない”渡り線”というポイントが
あって、お互い行き来ができるということなのです。

ここがつながったことで、東急の車両がどうやって
副都心線までやってきたのかというルートが判明しました。

 

 


大きな地図で表示

 

つまり、

東横線→(田園調布)→東急目黒線→(目黒)→
南北線→(市ヶ谷)→有楽町線→(和光市)→副都心線

のルートで自走できると。

しかし、以前ここで有楽町線と千代田線の間をつなぐ
渡り線のことを「幻の線路を走る」という題で書きましたが
南北線と有楽町線の間にも渡り線があり、これを使って
東急の車両が東横線から副都心線まで自力で走ってくる
ことができるとは…。

やっぱり、東京の地下は魑魅魍魎です。

 

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

 

 

 

 - こんなの見つけた。, ねごと。